Yuko Ueno Official Web Site

CD Recording, Hamamatsu International Piano Academy, Wakayama, and Concert Info.

あっという間に桜の咲く季節となりましたね。

私の方は2日間のレコーディングを予定通りに終えて

IMG_2489[1]

CD発売日が9月2日に決定、現在編集作業真っ最中です。

 

3月7日は音楽評論家 真嶋雄大先生主宰の「天秤座の会」に

「弟が天秤座」というこじつけで参加、豪華な顔ぶれに紛れ込んで和やかで大変楽しいひとときでした。

o0800080813239666722

 

 

11日にはパリで大変お世話になった方から突然日本にいらしたとの連絡を受け

練習後、ほんの少ししかいられませんでしたが嬉しい再会を果たせました。

IMG_2516[1]

 

 

13日は第19回浜松国際ピアノアカデミーでイモラの恩師ペトルシャンスキー先生が

ショパンとスクリャービンの前奏曲という素晴らしいプログラムでのコンサートがあり、浜松へ。

第1・3・4・5回と受講した思い出の場所に数年振りに足を踏み入れ、懐かしさとあの頃の緊張感がよみがえりました。

中村紘子先生のとてもお元気そうなお顔を拝見してほっとしました。

ペトルシャンスキー先生の演奏は細部までディティールにこだわり、とても情熱的で

沢山の色彩が響きから溢れ出ていて、本当に素晴らしかったです。

終演後にお会いしたら先生も「精神的に良いバランスで演奏に集中出来た」と仰っておられました。

留学時代、アパートの真上に住んでいた鈴木弘尚くんと先生と撮った1枚です。

IMG_2523[1]

 

私は翌日和歌山で本番のため、その後終電で浜松から和歌山へ。

0時48分和歌山駅に無事到着しました。

 

 

14日はチェリスト谷口賢記さんの後援会和歌山支部発足記念行事で演奏させていただきました。

FullSizeRender

第1部の和歌山大学の山本健慈学長の講演では

教育に携わる者として共感することも多くあり、大変勉強になりました。

第2部では谷口さんの温和な語り口のトークと共に下記の作品を演奏。

エルガー:愛の挨拶

ドビュッシー:チェロとピアノのためのソナタ

黛敏郎:文楽 (チェロソロ)

ラヴェル:ハバネラ形式の小品

ピアソラ:Cafe 1930

ポッパー:ハンガリアン・ラプソディー

アンコールにサン=サーンスの白鳥を演奏しました。

谷口さんの演奏は自然で、そして自由で、心から音楽を愛する気持ちが音に表れます。

和歌山県知事もいらしていて、最後にスピーチをされました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

終演後にはお寿司やさんで打ち上げ。

IMG_2524[1]

ただ、ヨーロッパへの旅・録音・次の本番への準備・・・とハードな日々だったせいか

胃腸型の風邪を引いてしまって4日間お粥・うどん・おじやの食事だったため

美味しいのに沢山は食べられず、残念でした。初めての和歌山だったのに・・・。

終電で再び浜松へ。

 

 

15日は浜松国際ピアノアカデミー本選を聴きました。

本選はピアノ協奏曲をピアノ伴奏で演奏します。

なんといっても素晴らしかったのは伴奏の林達也さんの仕事ぶり。

全員の伴奏を1人でこなし、丁寧な演奏でソリストを引き立てていました。

(私が受講していた頃は伴奏はお二方でしたので、仕事量がとんでもないです。)

コンテスタントの皆さんのフレッシュで気迫溢れる演奏に刺激を受けました。

そしてピアノメーカー3社の全く違う響きにもインスピレーションを受けました。

IMG_2525[1]

 

元受講生ということでレセプションにも参加させていただき

様々な方との再会も束の間、終電で帰京。

第1回の時にお世話になり、それからずっとお付き合いのある元ジェスクのお二人とお茶が出来たのも嬉しかったです。

IMG_2527[1]

3日連続の最終新幹線乗車の濃い日々が終わりました。

 

 

19日は短大声楽科卒業演奏会を聴きにユリホールへ。

副科ピアノを受け持った2人の生徒の演奏を聴いて、思わずジーン。

これからもそれぞれの夢に向かってまい進して欲しい、と強く願うばかりです。

 

そして今日はバルトークの誕生日で、ドビュッシーの命日で、、、そんな日に私は生まれました。

家族やいつも支えて下さる皆様への感謝の気持ちを新たにし、またこれから1年様々なチャレンジを続けていきたいと思います。

バースデーメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございます!

 

最後に2015年の予定をお伝えしたいと思います。

◆7月9日(木)19時開演 銀座ヤマハ6階コンサートサロン

上野優子 with Friends リサイタルシリーズ Vol.1 ~リストの系譜~

共演:田口美里(Vn)、向山敦子(Vn)、渡邉信一郎(Va)、平野玲音(Vc)

http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/detail/5673

IMG IMG_0001

◆8月11日(火)13:00~14:30 朝日カルチャー新宿教室にて演奏

◆9月2日(水)2nd CD発売日

◆9月12日(土)16:30開演 前橋市・笠原智廣ピアノアカデミーコンサートサロンにてリサイタル

◆9月13日(日)笠原智廣ピアノアカデミーコンサートサロンにて公開レッスン

◆9月20日(日)ヤマハ銀座店1階ポータルにてCD発売記念ミニコンサート&サイン会

◆10月4日(日)14時開演 銀座王子ホールにて6年ぶりの自主リサイタル

◆10月8日(木)19時開演 名古屋市電気文化会館にて高須博ピアノリサイタルに連弾でゲスト出演

◆11月26日(木)18時30分開演 東京芸術劇場にて新田孝指揮・ニッポンシンフォニーとベートーヴェンピアノ協奏曲「皇帝」

◆12月13日(日)13:30~、15:00~の2回公演 ヤマハ池袋店1階楽器売場にてCD発売記念ミニコンサート&サイン会

◆12月24日(木)12:30~13:00 南麻布セントレホールにてランチタイムコンサート

真剣にそして楽しく、演奏活動・教育活動ともに精進してまいります。

皆様とコンサート会場などでお会いできる日を楽しみにしております♪

 

おまけ。1年前の今頃、パリでのルイサダ先生との公開レッスンの風景です。髪の毛が・・・短っ。

379

Written by yuko 2015.03.25 11:20 | No Comments

jury, performance, and…Imola & Paris !!

遂に3月!ご無沙汰しております。

1月8日はカワイ表参道での新年祝賀会に伺い、カワイの皆様や旧友との再会・新しい出会いを楽しみ、

(抽選会では参加した新旧イモラ国際ピアノアカデミー生全員が当選という奇跡!笑)

DSC01377 IMG_2411

 

 

12日は代官山音楽院にて日本バッハコンクール予選審査を

武田一彦先生・高木早苗先生と共に務めさせていただき(写真がありません・・・)ました。

一日中バッハを聴いていても、耳が疲れず頭が冴えてくる感じすらしてきたことに驚きつつ

熱演に耳を傾けました。

 

 

18日は汐留ベヒシュタインサロンにて大人のためのアマチュアコンクール審査&演奏をさせていただきました。

桐朋の同期でもある加納愛実先生・木村佳野先生と共に審査を務めさせていただき

演奏では、パリ時代を共にした木村さんとドビュッシーなどを連弾出来たことは私自身とても嬉しかったです。

この日の様子は下記サイトに詳しく記載されています。よろしければご笑覧くださいませ。

http://amapia.net/index.php?%E7%AC%AC%EF%BC%92%E5%9B%9E%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89

 

 

そして1月末から昭和音楽大学・短期大学の後期実技試験採点が始まり、

2月1日はカワイ表参道にてピティナコンペティション本選出場者によるプレミアムコンサートの講評を

金子勝子先生・石島美奈子先生・鈴木弘尚先生とともに務めさせていただきました。

鈴木くんはイモラ時代同じアパートで、丁度私の真上の階に住んでいました。

当時学生だったのがこうしてお互い「先生」と呼ばれる日が来るとは・・・こそばゆい感じがしました。

出場者の皆様は本選出場経験者だけあって、大変レヴェルが高く聴き応えがありました。

ptnakawai2015

 

 

2月13日に大学の試験が終わり、15日から約1年振りのイタリア、そしてフランスへ行って来ました。

 

◆2月15日◆

まずはパリ経由でイモラへ向かいます。

パリの空港で乗り継ぎのため4時間も待たなければならず、どうやって時間を潰そうかと考えていたら

白いアップライトピアノが「さあどうぞ」とばかりに置いてあり・・・

IMG_2429[1]

練習不足だった私にとっては天の助けに思え、羞恥心を捨てて弾き始めたら

結構な人数の皆さんが足を止めて聴いてくださってしまい、反復練習するつもりが通し練習という事態に・・・

1曲毎に拍手をくださったり、弾き終えると話しかけてきてくださったり、嬉しいやら恥ずかしいやらでした。

そしてあっという間に乗り継ぎの時間が来て、機内でまた聴いてくださった方々と一緒になり楽しいおしゃべりタイム。

この人懐っこさがイタリアの良いところです。お蔭でイタリア語を呼び覚ます良いきっかけとなりました。

 

◆2月16日◆

朝、母校のイモラ国際ピアノアカデミーへ。

IMG_2431[1] IMG_2432[1]

思いがけずマルガリウス先生とバッタリ再会。お互いに驚きながら再会を喜びました。

 

イモラの市庁舎です。写真右の時計台は街のシンボルマーク。住んでいた時は待ち合わせによく使いました。

IMG_2433[1]

友人宅で少し練習させてもらい、お昼は美食の街でもあるイモラのピッツァを。

IMG_2434[1]

 

午後はボローニャでペトルシャンスキー先生のレッスン。

今度録音する予定の作品を中心にみっちりみていただきました。

いかに作品の魅力を伝えるか、どう打鍵をコントロールするのか、フィンガリングなど大変勉強になりました。

先生は3月6日からの浜松国際ピアノアカデミーの講師として来日予定で

13日にはショパンとスクリャービンの前奏曲という曲目で演奏もされます。

浜松での再会を約束して、イモラへ戻りました。

夜はイモラのご当地パスタ・ガルガネッリをいただきました。

ここに6年住んだわけなのですが、やはり落ち着きます。

IMG_2435[1]

 

 

◆2月17日◆

朝は友人宅で練習。お天気も良いので自転車で移動。

お昼はチーズとクルミのストロッツァプレーティ。当分チーズいらないと思う位の濃さ。美味。

IMG_2436[1]

 

13時~15時はお昼休み(本当に雨戸を閉めて皆さん寝ます・・・)で弾けないので

自転車で大型スーパー、チェントロ・レオナルドへ。久し振りに来たのでテンションが上がります。

いくつかある入口のひとつを撮影して、イタリア人のおばさま方に変な顔をされました。

IMG_2437[1]

 

 

夕方からマルガリウス先生のレッスン。

常に厳しく、まやかしの効かない耳。

まだまだ自分の甘さを痛感しつつ、真摯に音楽へ向かう姿勢に襟を正す思いでした。

 

イモラ最後の晩餐はマルサラ酒のソースの牛タリアータ、レモンのババロワ。仕上げにリモンチェッロ。満足です。

IMG_2438[1] IMG_2439[1]

 

 

◆2月18日◆

色々な人との再会の喜びに後ろ髪を引かれながらボローニャ空港へ向かい、パリへ。

セーヌ河です。戻ってきた、と思う瞬間でした。

IMG_2441[1]

友人宅で練習後、初見で連弾など。楽しいひととき。

 

◆2月19日◆

マドレーヌ寺院へ。日本に帰国してからは何故かいつもパリに来るたびに訪れるもので、落ち着きます。

IMG_2449[1]IMG_2452[1]

 

マドレーヌ寺院の出入口から前の通りを眺む。

IMG_2453[1]

 

 

サンラザール駅を経て

IMG_2454[1]

 

楽譜やさんAriosoへ。色々買い込み、友人宅へ。

すごくお天気が良くなってきて、この日のセーヌ河はこんな感じです。

空の色で景色が随分変わりますね。

IMG_2456[1]

 

 

ルイサダ先生のレッスンでは、弱音の響きへの意識、フレージング、低音の響きの作り方について沢山のことを学びました。

夜はドビュッシーのオペラ「ペレアスとメリザンド」を観にオペラ・バスティーユへ。

2012年に話題を呼んだフィリップ・ジョルダンの非常にシンプルな舞台演出、

パントマイムのような振付で美しく静かな、それでいて深くて暗い、神秘的な世界を堪能しました。

アルケル役の:フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒさんの声が心に残りました。

IMG_2463[1]

 

 

バスティーユ広場です。シャルリー・エブド事件後のデモ行進が記憶に新しいところですが、

今回いつになく治安が良く感じられました。実際、スリなどの軽犯罪は減っている模様です。

至る所に銃装備の警官や軍人がいらっしゃいますから、安心なような、でもちょっと怖いような・・・。

IMG_2462[1]

 

 

 

◆2月20日◆

練習後、マレ地区を散策。ファラフェルに入っているひよこ豆のコロッケに舌鼓。

ルイサダ先生のレッスン。ぺダリング、響き・・・耳をより研ぎ澄まさなければと思いました。

夕飯に訪れたお店の海の幸はどれも美味しく、見た目にも美しかったです。

IMG_2464[1] IMG_2465[1]

 

 

◆2月21日◆

13区の中華街にあるお店で美味しく和やかなひととき。旧正月ということで爆竹や太鼓など騒々しいけれど、活気がありました。

写真は北京ダックです。

IMG_2466[1]

 

 

サンジェルマン・デ・プレ教会。実は中に入ったのはこれが初めてでした・・・。

IMG_2467[1] IMG_2472[1] IMG_2473[1] IMG_2474[1]

 

 

ランビュトー通りでお気に入りのパン屋さんのサンドウィッチとエクレアを買い、セーヌ河沿いを散歩して

IMG_2478[1] IMG_2479[1]

 

 

夜23:25の飛行機で日本へ出発。機内では爆睡、気が付いたら到着の3時間前でした。

あっという間の1週間、お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

ヨーロッパの感覚を忘れずに、上手く日本の感覚と融合できると良いのかなぁ、なんて思いつつ

いよいよレコーディングです!

作品に渾身の思いを、魂をこめて弾いてまいります。

故ムニエ先生、そして故ジェルジ・シャーンドル先生のお写真に想いを馳せながら・・・

IMG_2482

Written by yuko 2015.03.02 02:14 | No Comments

Happy New Year 2015

P1000839 IMG_2406[1]

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

心新たに新年を迎えました・・・と申しながら

昨年更新しそこねた11月後半からの日々を写真と共に書き連ねてまいります。汗

 

 

2年に1度開催している拙教室の成城ホールでのピアノコンサート

0039

 

パリの恩師ルイサダ先生の紀尾井ホールでのリサイタル

2014luisadarecital

 

ルイサダ先生のご友人で運動療法士のイザベル・カンピオンさんを

“音楽家のための運動療法”講座の講師として招聘された、

コンセール・パリ・トーキョウの野瀬百合子さんとイザベルさんや関係者を囲んだ美味しいひととき

(肝心のイザベルと写真を撮るのを忘れるという失態・・・)

2014.11avecYuriko

 

 

赤坂ベヒシュタインセンターを初訪問

(向井さんありがとうございました!)

bechsteinakasaka

 

 

中村紘子先生のサントリーホールでのデビュー55周年記念リサイタルも素晴らしかったです。

それから日本屋楽器の小川さんにお誘いいただき、東京ビッグサイトで開催された楽器フェアにも足を運び

クラシックだけでなく、様々な楽器の展示を見たり弾いたり、新鮮で楽しい体験もしました。

 

12月はチェロのコンクール伴奏もさせていただきました。

 

所属している日本・ロシア音楽家協会創立30周年記念パーティーがカワイ表参道にて行われました。

ゲスト演奏されたコミタス弦楽四重奏団の演奏も素晴らしかったです。

第1ヴァイオリンのエドゥアルド・タデヴォシャンさんとお話してみたら

なんとイモラの恩師ペトルシャンスキー先生のお知り合いでした!

記念に一緒に撮っていただきました。

IMG_2377[1] IMG_2379[1]

 

 

東京楽器協会の忘年会に今年も呼んでいただき、アサヒビールビル21階にて演奏、美味しいお食事をいただき

帰りにはLED研究でのノーベル賞を記念したスカイツリーのイルミネーションを楽しみました。

IMG_2380[1] IMG_2382[1] IMG_2384[1] IMG_2385[1] IMG_2386[1] IMG_2387[1]

 

 

ソニーピアノの会の忘年会に今年も呼んでいただき下記の作品を演奏しました。

リスト:愛の夢 第2番、第3番

ボルトキエヴィチ:ソナタ第1番 第3楽章

ショパン:ノクターン Op.15-1

プロコフィエフ:ソナタ第7番 第3楽章

2014sony

その後は美味しい中華料理とマニアックなクイズに笑いっぱなしのひとときでした。

毎年呼んでいただき感謝です。

 

10月に審査させていただいたエートスピアノコンフェスト2014

鹿嶋市勤労文化会館での演奏会に講評のため伺いました。

出演者・関係者の皆様、素敵なひとときを本当にありがとうございました!

終演後に審査でご一緒した井上淳司先生、石附惠先生と共に。

因みに左の写真は当日ギャラリーに作品を展示されていた写真家・衣川正一さんに撮っていただきました。

フツーのスマホもプロの手にかかると全然違うことに愕然としました。

IMG_2392[1] IMG_2388[1]

 

 

オーボエの田渕哲也先生とピティナ学校クラスコンサートで埼玉県草加市立青柳小学校へ。

小学5年生、6年生の皆さんに下記曲目をお話を交えながら聴いていただきました。

チャイコフスキー:「眠れる森の美女」よりワルツ(オーボエ&ピアノ)

バッハ:主よ、人の望みの喜びよ(オーボエ&ピアノ)

ショパン:小犬のワルツ(ピアノソロ)

リスト:愛の夢第3番(ピアノソロ)

アメリカ民謡:アメージンググレイス(オーボエ&ピアノ)

その後、全員で合奏と合唱。小学生で既にフルートなども演奏出来ることにびっくりしました。

鈴木校長先生をはじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました!

IMG_2393[1] IMG_2394[1]

 

 

深沢亮子先生のクリスマスコンサートに今年も伺い

リストの愛の夢第2番・第3番、ボルトキエヴィチのソナタ第3楽章を演奏させていただきました。

幼稚園時代の友人の叔母様が亮子先生だった・・・というご縁でレッスンに行くようになったわけなのですが

その友人のお兄様が取締役をされている会社のサロンにてこのクリスマスコンサートが行われ、

おそらく幼稚園の時以来であろうそのお兄様と再会できたことも嬉しかったです。

その後、亮子先生を囲んで四川料理に舌鼓。珍しい一皿をパチリ。

とても薄く切った豚肉ときゅうりをタレに絡めていただくのですが、美味しかったです。

IMG_2399[1]

 

 

 

年末29日には8年目を迎えた、音楽・芸術関係者のための忘年会を新宿野村ビル50階にて企画、開催。

いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました!合同幹事の安嶋健太郎さん・笠原智廣さん、お疲れ様でした!

IMG_2402[1] IMG_2401[1]

 

 

そして2015年の幕開け・・・

1月18日は汐留ベヒシュタイン・サロンにて審査と演奏をさせていただくのですが

今回はソロだけでなく連弾もあり、今日は共演の木村佳野さんと大まかな打ち合わせをしました。

今年の予定など、また改めてアップさせていただきます。

 

長文にお付き合いいただき恐縮です。ありがとうございます。

皆様どうぞお元気で、2015年がさらに素敵な1年となりますように!!

 

Written by yuko 2015.01.05 12:18 | No Comments

@ Kagawa

11月もまもなく後半ですね。

ピティナ・ピアノステップアドバイザー&トークコンサート、そして学校クラスコンサートのため

初めての四国へ行ってまいりました。

都会の慌ただしさから一転、

のんびりした雰囲気と新鮮な空気、そして親切な方ばかりですっかり癒されました。

 

 

11月9日は香川県三豊市市民交流センターにて105組の熱演を拝聴し

トークコンサートではチェロの谷口賢記先生との共演で

サン=サーンス:白鳥、ポッパー:Vito、ラフマニノフ:ヴォカリーズ、

エルガー:愛の挨拶を演奏させていただきました。

参加者の皆様、素敵な演奏をありがとうございました!

大喜多惠子先生はじめ観音寺ステーションの皆様、スタッフの皆様、

アドバイザーでご一緒させていただきました吉岡明代先生、谷口賢記先生、

本当にありがとうございました!

IMG_2307[1] IMG_2309[1] IMG_2308[1]

 

 

翌朝は観音寺小学校にて学校クラスコンサートに谷口先生と出演させていただきました。

朝8:35から3年生、9:30から4年生、10:30から5年生と45分間のお話を交えた演奏を3回行いました。

プログラムは下記の通りです。

エルガー:愛の挨拶 (チェロ&ピアノ)

バッハ=ケンプ:主よ、人の望みの喜びよ (ピアノソロ)

プロコフィエフ:ソナタ第7番より 第3楽章 (ピアノソロ)

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード (チェロソロ)

サン=サーンス:白鳥 (チェロ&ピアノ)

ポッパー:ハンガリー狂詩曲 (チェロ&ピアノ)

このほかに、3年生は「ふじ山」と校歌の1番、4年生は「もみじ」と校歌の1番、

5年生は校歌全曲を歌っていただき、ピアノとチェロで伴奏させていただきました。

 

皆様が演奏やお話を真剣に聴いてくださり、嬉しかったです。

また学年毎に感受性が違い、反応が違うのが興味深かったです。

小学生の時期の情操教育がいかに大事かを肌で感じる貴重な機会となりました。

チェロの谷口先生とは今回が初めての共演でしたが、大変お優しく理知的な方で

様々な面でお世話になり、心から感謝しております。

3回同じ曲目でしたが、3回とも良い意味で違った演奏ができたかなと思います。

観音寺小学校は創立1年という新しい学校ですが、校歌がとっても素敵なメロディーで

校長先生、音楽の大平先生をはじめ皆様大変親切で温かい方々ばかり。

授業時間の合間には四国新聞社、三豊ケーブルテレビの取材を受けました。

IMG_2331[1]

 

 

その後、徳島在住の友人ピアニスト梅本敏行さんと合流して小観光へ。

香川県のうどんの尋常ではない美味しさに驚いたり、

IMG_2310[1] IMG_2311[1]

 

徳島の鳴門海峡の渦を見て自然の力に感動したり、

IMG_2316[1] IMG_2320[1] IMG_2327[1] IMG_2317[1]

 

鳴門市ドイツ館(ドイツ兵俘虜収容所に関する資料館)でドイツ兵俘虜の暮らしや文化、

ベートーヴェンの交響曲第9番の日本初演地である同地に関する資料を閲覧したり、

IMG_2321[1] IMG_2322[1]

 

美味しいコーヒーゼリーを食べたり、

IMG_2324[1]

 

黒崎楽器にお邪魔したりと

IMG_2330[1]

盛り沢山な一日でした。

 

 

来週はわがピアノ教室の発表会です。

レッスン、そして新しい曲の練習と引き続き頑張ってまいります♪

風邪を引く方が急増しています。皆様どうぞお体を大切になさってくださいませ。

Written by yuko 2014.11.13 01:47 | No Comments

Minami Azabu Lunchtime Concert & Showa University of Music Faculty Concert

怒涛の10月が無事終了しました!

本日10月30日は2つの公演に出演させていただきました。

いらしてくださった皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

演奏についての反省と手応えは毎回感じていますが、

今日はどちらの公演も全身全霊で音楽を表現することに集中できたかなと思います。

 

南麻布ランチタイムコンサートでは下記の作品を演奏しました。

シューマン=リスト:献呈

ショパン:バラード第2番

リスト:3つの愛の夢

アンコールとして、ボルトキエヴィチ:プレリュード 作品33-7と

プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 第3楽章

を演奏させていただきました。

プロデューサーの鈴木達也氏とのショットもご紹介。

P1000800 P1000819

 

 

昭和音楽大学教員・研究員 研究発表では

末永匡先生とベートーヴェン=リスト:交響曲第9番 第4楽章

を演奏させていただきました。

リハーサルの終了間際にピアノの位置について和泉真弓先生に助言をいただき

劇的に変化した豊かな響きのなかを駆け抜けました。

あっという間の30分。本当に素晴らしい作品、そして素晴らしいピアニストと共演できて幸せなひとときでした。

譜めくりをしてくれた生徒にも感謝。

写真は終演後、それからリハーサル風景です。

P1000825 20141030a 20141030b

 

11月は香川県にてチェロの谷口賢記先生とのデュオ、そしてわがピアノ教室の発表会があります。

めいいっぱい芸術に心血注げる環境に感謝しつつ、さらに精進してまいります!

 

Written by yuko 2014.10.31 03:27 | No Comments

Gratitude for all

台風がまた近付いていますね。これ以上の被害がどうか出ませんように・・・。

 

9月15日、10月4日、10月9日公演が終演しました。

全てのご縁、出会い、サポートに心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!!

 

 

9月15日はカワイ表参道にてPTNAピアノ・ステップのアドバイザーと

トークコンサートを務めさせていただきました。

同じ有賀和子先生の門下で大先輩の楠原祥子先生、

数年前にピティナ新曲事業審査でお世話になった江崎光世先生と共に

朝から夜まで聴いて聴いて、話して弾いて、そして聴いて・・・という贅沢な一日。

スタッフの皆様やカワイの皆様の素晴らしいお力添えで

終始和やかに、そして華やかな時間を過ごさせていただきました。

参加者の皆様、素敵な演奏をありがとうございました!

個人的には怪我から復帰の最初の舞台、筋力がまだ完全には戻っていませんでしたが

リサイタルとはまた違った難しさも感じ、大変勉強になりました。

ptna_kawai1 ptna_kawai3

 

 

 

10月4日は銀座十字屋ホールにてモーツァルティアン・フェライン第341回例会リサイタルでした。

前半はモーツァルトの一筋縄ではいかない難しさを肌で感じながら

後半はお話も交えながら様々な時代の素晴らしい作品を一音一音想いをこめて

満席のお客様の温かい雰囲気に包まれながら演奏させていただきました。

アンコールにはボルトキエヴィチの前奏曲Op.33-7、ショパンの小犬のワルツ、

そして幻想即興曲を演奏させていただきました。

ご来聴いただいた皆様、モーツァルティアン・フェラインの皆様、そして中村会長をはじめ銀座十字屋の皆様、

本当にありがとうございました!!

(モーツァルティアン・フェライン澤田会長、銀座十字屋の皆様とのショットもご紹介。)

P1000719 P1000722

P1000748 P1000749

 

 

 

翌10月5日はエートスピアノコンフェスト2014オーディション審査で茨城県鹿嶋市へ。

石附惠先生、井上淳司先生と共に和やかで真剣なひとときでした。

参加者の皆様、熱演ありがとうございました!

スタッフの皆様、大変お世話になりました!

 

 

 

10月9日は京浜楽器 MOUZA yurigaokaにて

元ウィーンフィル首席チェロ奏者のアダルベルト・スコチッチさんとのデュオリサイタルでした。

満席のお客様のアットホームな雰囲気に包まれ

特にブラームスのチェロとピアノのためのソナタでは集中して演奏することができました。

ソロとデュオの頭の切り替えの難しさや、様々なハプニングがありましたが

今回感じた反省点は次回に生かせるように、前を向いて頑張りたいと思います。

アンコールではこの日が誕生日だったサン=サーンスの白鳥、

ポッパーのハンガリー狂詩曲、そしてカザルスの鳥の歌を演奏させていただきました。

ご来聴いただきました皆様、京浜楽器の皆様、プロデューサーの中野雄先生、

本当にありがとうございました!

P1000761 P1000784 P1000789 P1000797

 

 

 

翌10月10日は午前中から21時まで昭和音大でレッスン、

10月11日は生徒の出演するコンサートが学内ユリホールであり、生徒の成長ぶりを嬉しく思いました。

 

今後の予定です。

10月30日のお昼は南麻布セントレホールにてランチタイムコンサートが、

IMG

同日夜は昭和音楽大学ユリホールにて教員・研究員研究発表があり、

同僚ピアニスト末永匡さんと2台ピアノで第九を演奏いたします。

 

その後11月9日は香川県にてPTNAピアノ・ステップのアドバイザーと

チェリスト谷口賢記先生とデュオのトークコンサートをさせていただく予定です。

http://www.piano.or.jp/step/schedule/detail/2014110975704.html

翌11月10日には香川県観音寺小学校にて学校コンサートをさせていただく予定です。

初めての香川県、今から楽しみです♪

IMG

 

まだまだ気の抜けない毎日ですが、私なりの音楽への道を探究しつづけたいと思います。

そして大分先の話で恐縮ですが・・・

来年2015年10月4日(日)銀座・王子ホールにて

久し振りの自主リサイタルを開催させていただくこととなりました。

日曜日の午後、是非皆様お誘い合わせの上いらしてくださいませ☆

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

最近は風邪も流行っているようです。どうぞ皆様お体を大切になさってくださいね。

Written by yuko 2014.10.13 01:35 | No Comments

july, august

およそ2か月ぶりの更新となってしまいました。

一気に涼しくなってまいりましたが、皆様お変わりありませんか?

私はといえば・・・ここに書くのも少し気が引けるのですが

7月初旬に右手の小指の第三関節の怪我をしてしまい

鉛筆も握れなかったので、コンクール審査のお仕事はキャンセル、

弾く時はテーピングをして本番に臨む・・・という非常事態となってしまい

関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

この場をお借りして、深くお詫び申し上げます。

 

そんななかでしたが、今年からさせていただくことになった

ピティナのピアノステップ百合ヶ丘地区では初めてのアドバイザーのお仕事。

ptna_140720-02

会場となった京浜楽器ミュージックシティ百合ヶ丘のウェブでもご紹介いただきましたので

ご参考までにURLを載せておきます。

アドバイザーでご一緒になった大宜見朝彦先生、尾花和枝先生、齋藤美代子先生、

本当にありがとうございました!

http://www.keihingakki.co.jp/towns/pages/10010.html?cont_10002=95

 

7/28~8/2は昭和音楽大学の前期実技試験の採点で毎日出校、

実は8月2日夜は神戸でのコンサート(クローズド)に出演する予定でしたので

この週は毎日朝練、睡眠時間も削ってテーピングしながら頑張りました(もっと前からやっていれば・・・以下略)。

無事に試験の採点を終え、新幹線に飛び乗り神戸へ。

元町にあるクラシックサロン・アマデウスにてドブロウェンのソナタ第2番を演奏させていただきました。

IMG_2206

そして出演者・関係者の打ち上げは朝まで続き・・・まるで大晦日のような雰囲気でした。

こちらのサロンには店主の膨大な音源コレクションがあり、イモラの恩師ペトルシャンスキー先生の若かりし頃のLPが!

IMG_2202

さらには中村紘子先生も!

IMG_2205

 

 

西洋医学と東洋医学のおかげで、やっと10日前に患部をさわっても痛くなくなり、

先週のパリ時代からの友人夫婦の結婚式では漸くテーピングなしで

お祝いの演奏(ソロ・新婦と連弾)をさせていただきました。

IMG_2234

 

そうこうしているうちにあっという間の9月突入です。

9月15日にはピティナピアノステップ表参道地区・カワイ表参道コンサートサロンパウゼにて

アドバイザーと10分のトークコンサートをさせていただく予定です。

アドバイザー全員が舞台に立つ予定で、

江崎光世先生がレクチャー、楠原祥子先生がトークコンサートをされます。

アドバイザーのレクチャーおよびトークコンサートは入場無料ですので

敬老の日にお近くにいらっしゃいましたら、ふらりとお立ち寄りくださいませ。

http://www.piano.or.jp/step/schedule/detail/2014091572633.html

 

10月は怒涛の演奏会ラッシュで、ある意味自分の体力にも挑戦の秋となりそうですが

ここからフルスピードで頑張りたいと思います。

お時間ございましたお聴きいただけたら嬉しいです。

どこかの会場で皆様とお会い出来るときを楽しみにしております♪

Written by yuko 2014.09.02 10:48 | No Comments

During May, June & Concert Info on October

もう7月!4月末よりBlogの更新が出来ず、大変失礼しました。

この2ヶ月間は様々な勉強の期間と位置づけ、生活しておりました。

ここ2年でしょうか・・・自分のことで精一杯で、友人・知人の演奏会に足を運ぶことも少なくなっていましたが

黒岩文子さん(4/26)、中村紘子先生(5/9)、田中麗子先生(5/11)、南麻布セントレホールガラコンサート(5/16)、

近藤嘉宏さん(5/17)、柏原佳奈さん(5/23)、土屋美寧子先生(5/25)、ミハイル・プレトニョフさん(5/30)、

入江かつらさん(6/8)、杉並弦楽合奏団(6/14)の演奏を拝聴し、

ジョン・オコーナー先生の昭和音楽大学での公開講座を聴講しました。

 

また、様々な年齢の方の演奏を聴く機会にも恵まれました。

◆5月30日・31日 イタリア文化会館にて第1回イモラ国際ピアノオーディション本選審査

IMG_2109

 

(審査でご一緒した、イモラ国際ピアノアカデミー・フォルテピアノ科恩師でもあるステファノ・フィウッツィ先生、

音楽評論家の小沼純一先生、指揮者の松浦修先生と。この企画の代表でフォルテピアノ科後輩でもある横山緑さんとは撮れず残念…)

 

◆6月8日 千葉にて昭和音楽大学受験講習会にてピアノレッスンを担当

 

◆6月21日・22日 宮崎市民プラザオルブライトホールにてピティナピアノコンペティション地区予選審査

IMG_2152

(審査をご一緒した、平田博通先生、清田千寿子先生、佐藤篤先生、芝本容子先生と)

 

新しい出会い、懐かしい方々との再会、友人との語らいの機会も沢山ありました。

 

IMG_2125

(惜しまれつつ17年3か月で幕を閉じた、テレコムセンターアトリウムコンサートで大変お世話になった増田英明さん、

同コンサートがきっかけで、今年1月にチャイコフスキーのピアノ協奏曲で共演させていただいた指揮者の森山崇先生、

元ヤマハ銀座店店長で、現在昭和音楽大学の同僚でもある北嶋健児さんと)

 

IMG_2133

(約20年ぶりに宮崎で再会した、宮崎大学教授の葛西寛俊先生と。酔っぱらってますがご愛嬌・・・)

 

大学・プライベートそれぞれの生徒さん方も成長され、

教えることの楽しさと厳しさを感じながらレッスンさせていただいています。

そして、秋のコンサートシーズンに向けて、新しい作品にも挑戦しているところです。

チラシが現在作成中で、完成しましたらご紹介させていただきますが

日程、会場、曲目を、まずご案内させていただきます。

公演日程が近くなってしまい大変恐縮ですが

ぜひ両公演ともお聴きいただけたら幸せです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、湿気や暑さに負けずにこの季節を乗り切りましょう!

 

★10月4日(土)14時30分開演 銀座十字屋ホール★

上野優子ピアノリサイタル(モーツァルティアン・フェライン第341回例会)

 

モーツァルト:グラスハーモニカのためのアダージョ ハ長調 K.356(617a)
Mozart: Adagio für Glasharmonika C-dur K.356(617a)
         ソナタ 第11番 イ長調 「トルコ行進曲付き」 K.331(300i)
    Klaviersonate Nr.11 A-Dur K.331(300i)
         ソナタ第18番 ニ長調 K.576
    Klaviersonate Nr.18 D-Dur K.576
ドブロウェン:ソナタ 第2番 Op.10
Dobrowen: Sonata No.2 Op.10
武満徹:雨の樹 素描
Takemitsu: Rain Tree Sketch
リスト:愛の夢 3つのノクターン S.541 R.211
Liszt: Liebesträume – 3 Notturnos S.541 R.211
グノー=リスト:ファウストワルツ S.407 R.166
Gounod=Liszt: Faust Waltz S.407 R.166

 

 

★10月9日(木)19時開演 京浜楽器 MOUZA yurigaoka★

アダルベルト・スコチッチ(元ウィーンフィル・チェロ奏者)&上野優子デュオリサイタル

 

ベートーヴェン:ヘンデルのオラトリオ「ユダス・マカベウス」から「見よ、勇者の帰還を」の主題による12の変奏曲

BEETHOVEN: 12 Variationen über ein Thema aus Händels Oratorium “Judas Maccabäus” WoO 45 G-Dur

J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第5番 BWV1011 プレリュード (チェロソロ)

J.S.BACH:  Suite für Violoncello solo Nr.5 BWV1011~ Prelude  (cello solo)

シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ D821 イ短調

SCHUBERT: Sonate für Arpeggione und Klavier D821 a-moll

シューマン=リスト:献呈 S.566 R.253 (ピアノソロ)

SCHUMANN=LISZT: Widmung S.566 R.253 (piano solo)

リスト:愛の夢第3番 S.541 R.211 (ピアノソロ)

LISZT: Liebesträume S.541 R.211 (piano solo)

ブラームス:ピアノとチェロのためのソナタ第1番 作品38 ホ短調

BRAHMS: Sonate für Klavier und Violincello No.1 Op.38 e-moll

 

Written by yuko 2014.07.04 09:59 | No Comments

Maebashi, Tsukuba, Hachiouji

新緑が芽吹く季節になってまいりましたね。

昭和音大でのレッスンも始まっています。

4月13日には前橋のピアニスト笠原智廣さんのサロンにて公開レッスンをさせて頂きました。

先月にはリサイタルをさせて頂いた会場です。

受講生の方は小学生~大人の方まで年齢層も幅広く、演奏も皆さんとてもユニークで意思のある演奏で

私自身も刺激を受けました。

IMG_2050[1]

笠原先生、大変お世話になりました!

前橋に行ったら是非食べに行くように勧められていた「会席そば 草庵」にも伺うことが出来ました。

てんぷらはなんと蕎麦粉の衣!美味しかったです♪

IMG_2051[1] IMG_2052[1] IMG_2053[1] IMG_2054[1] IMG_2055[1]

 

 

20日にはヤマハミュージックアベニューつくばにて

お話をまじえたサロンコンサートを開催させて頂きました。

この日は丁度復活祭の日で

欧州、特にイタリアでのイースターの過ごし方などのお話もさせて頂きました。

IMG_2061[1]

IMG

 

小さいお子さんから大人の方まで、本当に幅広い方がお聴き下さり

私自身も響きを楽しみながら演奏させて頂きました。

お聴き下さった皆様、ヤマハつくば店の皆様、

本当にありがとうございました!!

IMG_2065[1] IMG_2067[1]

 

 

 

昨日21日は八王子にあるユーロピアノの工房へ。

ダイナミックでありながら高貴な響きのベヒシュタインのフルコンサートピアノや

シューベルトの時代のフォルテピアノ、モーツァルトの時代のフォルテピアノ(レプリカ)など

様々な楽器を弾かせて頂きました。

フォルテピアノはイモラでオリジナルの楽器たちに囲まれながらレッスンを受けていたのに

日本で触ったのはもしかしたら初めてかもしれません。。。

懐かしい感触と響きに癒され、日本でもフォルテピアノを弾かなければ・・・と思いました。

ユーロピアノの皆様、大変お世話になりました!

IMG_2068[1] IMG_2069[1]

 

 

 

この1ヶ月でベーゼンドルファー、スタインウェイ、カワイ、ヤマハ、ベヒシュタインのピアノを

全て最高の状態で弾かせて頂くという、大変貴重な機会に恵まれました。

日本のこうした環境はおそらく世界では滅多にないことだと思います。

ピアノに携わる全ての方の純粋で熱い思いに尊敬の念を抱きつつ

さらに私も音楽への道を歩んでいこうと改めて思いました。

10月4日(土)の銀座・十字屋ホールでのリサイタルなどに向けて新曲三昧の練習が始まりますが

これからも頑張ります♪

Written by yuko 2014.04.23 07:44 | No Comments

Recital @ Kawai Omotesando on 04.04.2014

P1000604

 

4月4日、カワイ表参道でのリサイタルシリーズ全5回最終回<ココロノヒビキ Vol.5>

超満員のお客様の温かい雰囲気に包まれて

無事終演しました!

最初から最後まで集中して

現在の私の想いを作品にのせて演奏させて頂けましたことに

心から感謝申し上げます。

(実はシューマンの謝肉祭演奏中にコンタクトレンズにゴミが入って

一時は痛くて泣きながら弾くというハプニングもありました・・・嗚呼ハードコンタクトレンズ。。)

アンコールには、シリーズ初回にも演奏させて頂いた

バッハ=ジロティのプレリュードを演奏させて頂きました。

P1000606

 

終演後にはこの3年間、私の様々なワガママにも全て対応して下さり

支えて下さったカワイの皆様とも写真撮影♪

P1000629

 

沢山の方に助けて頂き、こちらで演奏させて頂いた3年間は

かけがえのない、とても充実した時間でした。

これを糧に、さらに精進してまいります。

お聴き下さった皆様、応援して下さった皆様、

そしてカワイの皆様、

本当にありがとうございました!!

 

今日5日から昭和音大の新年度が正式にスタート。

入学式と教員研修会がありました。

ちょっと冷たい風が背筋をピンとしてくれますね。

今年度は受験講習会でもレッスンさせて頂くことになりました。

6月8日、千葉にまいります。

https://www.tosei-showa-music.ac.jp/jukenkoushuu2014/

 

演奏活動と教育活動、今年は教育活動の方に重点を置くことになりそうですが

今年度も頑張ります♪

皆様も新年度、どうぞお元気でご活躍を!!

Written by yuko 2014.04.06 09:34 | No Comments