Yuko Ueno Official Web Site

in September 2013

10月ですね。ということは2013年もあと2ヶ月・・・信じられません。

9月は一度もBlogを更新出来ず失礼しました。

この一ヶ月は様々な合わせやレッスンをこなしつつ、

ミューザ川崎にて小林研一郎氏指揮&東響・

ベートーヴェンのトリプル協奏曲(Pはfご令嬢小林亜矢乃さん、Vn大谷康子さん、Vc横坂源さん)、ベルリオーズ幻想交響曲を拝聴したり、

中村紘子先生のリサイタルを拝聴するつもりでいたら台風で延期になったり、

桐朋同期の友人達が立ち上げたアンサンブル・ムータの銀座ヤマハサロンでの公演を拝聴したり

(翌朝自分の本番で京都へ移動の日でしたので、残念ながら前半で失礼しましたが・・・)、

桐朋同期の友人ヴァイオリニスト向山敦子さんがメンバーでもあるカルテット・リリウム&アリシオス・カメラータの

日本とクロアチアの国交20周年記念コンサートを麻生市民館大ホールにて拝聴したりと、

様々な刺激を受けながら日々を過ごしています。

 

9月19日には假屋崎省吾さん華道歴30周年記念も兼ねた個展のオープニングパーティに今年も出席させて頂きました。

今年も素敵な作品、そして素敵なDaumの花器もお目見えし、一層華やかな装いとなっていました。

個展は目黒雅叙園にて10月12日まで開催されていますので

機会がありましたら是非訪れてみて下さい♪

 

1157745_10201921759748457_836515960_n

 

華道家 假屋崎省吾の世界 ―百花絢爛― 2013年9月20日(金)~10月12日(土)

 

 

 

9月28日には京都の嵐山近くのホール、青山音楽記念館にて

渡士あかね帰国記念メゾソプラノリサイタルの伴奏をさせて頂きました。

前日に合わせをして、本番当日の朝には渡月橋近くをお散歩。

台風の影響で被害に遭われたお店などは片付けの真っ最中、流木などは私が訪れた前日に撤去されたそうです。

自然の力と人間の力・・・様々なパワーを感じながらホールへ向かいました。

1010950_10201990796394330_797272644_n

 

1380281_10202003500471924_908455209_n

1234407_10202003505872059_1207557492_n

 

 

本番ではイタリア歌曲、日本歌曲を中心とした曲目を約20曲、

素敵な音色のベーゼンドルファーのピアノで演奏しました。

チケットは完売、大盛況でした。

バロックザールの皆様にも大変お世話になりました。

本当にありがとうございました!

1382871_10202003514872284_655236413_n

994916_10202003515392297_72880763_n

 

打ち上げをして、最終の新幹線で帰京しました。

 

大学の方は9月初旬から昭和音大は後期のレッスンがスタート、

田園調布学園大学も9月30日より後期が始まり、朝型生活も再開しました。

次は10月20日島村楽器浦和セレクションセンターでのアフタヌーンコンサートです。

来週には12月にあります杉並弦楽合奏団との公演の合わせも始まります。

スケジュールのページも更新しましたので、ご覧頂けたら嬉しいです♪

そして、タイミングが合いましたら是非お聴き頂けたら光栄です!

 

皆様、素敵な秋をお過ごしくださいね。

私も自分の道を信じて更に精進してまいります!

 

Written by yuko 2013.10.03 10:58 | No Comments

Reunion

やっと少しずつ涼しい風が吹くようになってきましたね。
この1ヶ月は再会が多かったように思います。
コンクール審査で初めて神戸を訪れました。
イモラの恩師の5年ぶりの来日は個人的にもとても嬉しかったです。
桐朋の同期の友人が立ち上げた「大人のためのアマチュアピアノコンクール」に関わらせて頂きました。

とても悲しいこともありました。
桐朋小学校の音楽の先生で、今まで何度も演奏を聴いて頂き、様々な助言を頂き、何度か一緒にお食事させて頂き
大変お世話になった高橋次朗先生が63歳という若さで急逝されました。
いまだに信じられません。治ったら必ずまた会いましょう…というメールが最後になってしまいました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

いよいよ8月もあとわずかですね。
大学の学生たちはどんな夏を過ごしたのでしょうか。
ちゃんと課題はやっているのだろうか…などと、自分のことは棚に上げて心配してみたり。
私もまた秋から冬にかけての公演に備えて、今のうちにしっかり勉強せねば!というのが現在の心境です。

それではまた遡り日記、書き連ねたいと思います。

◆7月26日◆
パリ時代の友人でもあるソプラノ歌手の浦田典子さんのリサイタル@東京文化会館小ホールを拝聴。
さすがオペラ歌手!素晴らしい演奏でした。

◆7月28日◆
留学中大変お世話になった元ヤマハ河野さんのご子息でバリトン歌手の河野真剛さん出演の
二期会マラソンコンサート@東京文化会館小ホールを拝聴。
様々な国のスタイルの違いを楽しみました。
河野さんはロシア歌曲を歌われたのですが、深い響きがひろがり素晴らしかったです。
河野さんご一家にも、そしてイモラで一緒だった三宅麻美さんとも久しぶりにお会い出来て、
まるでヨーロッパにいるような錯覚に陥りました。

◆7月31日~8月2日◆
昭和音楽大学前期実技試験の審査。
初めてのことなので、色々と戸惑うこともありましたが
講師の皆様に優しく教えて頂き少しずつ慣れました。
自分の生徒たちもそれぞれが力を発揮出来たのではないかと思います。

8月2日は夕方に銀座洋協ホールに向かい、
<成城花のアトリエ展 草月流西山光沙とその仲間たち>へ。
様々な花材がダイナミックに彩られ、とりわけ蓮の作品に目を奪われました。
IMG_1545

◆8月5日・6日◆
神戸市産業振興センター ハーバーホールにてPTNAコンクール審査。
2日間で214名の演奏を聴き、採点と共に一人一人に講評を書きました。
素敵な演奏を披露下さった皆様、お世話になった審査員の先生方、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました!
1004931_4922876040655_1571098414_n

初神戸ということで、ちらほら写真も撮りました。
そして、友人ピアニスト井上麻紀さんと久し振りの再会を果たしたり
日頃お世話になっている方や、初めてお会い出来た音楽家の方々と楽しいひとときを過ごせました。
IMG_1552
IMG_1564

◆8月7日◆
御影にあるイハラ楽器へ初めて伺いました。
お店にあったファツィオリのピアノが素晴らしく、いつまでも弾いていたくなってしまいました(苦笑)。
御影高杉の名物ミルフィーユも美味しかったです。
庵原豊治社長と記念に1枚。
557903_10201625129012874_1749893413_n
IMG_1577

◆8月12日◆
9月に京都にて伴奏させて頂くメゾソプラノ歌手渡士あかねさんと拙宅にて合わせ。
夜はパリから一時帰国中のピアニスト倉地恵子さんと久しぶりの再会。

◆8月14日◆
向ヶ丘遊園駅にある多摩市民館大ホールでの演奏会に友人ピアニスト安嶋健太郎さん、内藤晃さんが出演。
ソロだけでなく歌の方、そしてアンコールにはピアニスト2人で連弾があり
バラエティに富んだ楽しいプログラムでした。

◆8月17日◆
前日16日に来日されたイモラでの恩師ボリス・ペトルシャンスキー先生と旧・現イモラアカデミー生で赤坂にて夕食。
楽しいひとときでしたが、先生は時差ぼけの影響などでお疲れのようでした。

◆8月18日◆
悲しい夜。沢山の方が手を合わせていました。制服姿の子たちもちらほら。

◆8月19日◆
イタリア時代の友人ピアニスト横山緑さん、石黒美有さんと久々の再会で嬉しいひととき。

◆8月21日◆
ペトルシャンスキー先生、ロシア語の通訳で昭和音大での同僚でもある深川美奈さんと浅草へ。
実は雷門より奥に進んだのは私も初めてでした。先生は浴衣をみつけてご満悦。
IMG_1619

◆8月23日◆
ペトルシャンスキー先生の福田靖子賞最終選考会公開レッスンを聴講するため昭和音楽大学へ。
音楽表現に即した指使い、音楽への深い洞察力…とても勉強になりました。
そしてやっぱり先生の紡ぐ音の響きは素晴らしいなあと再認識。
先生のショスタコーヴィチピアノ全曲集のCDに今更ながらサインをして頂きました。
IMG_1629

◆8月25日◆
大人のためのアマチュアピアノコンクール、東京建物八重洲ホールにて開催。
審査と、審査後にはミニコンサートをさせて頂きました。
審査対象は20歳以上の音楽大学には行っていない方々だったのですが
皆様強いこだわりを持って演奏されていて、素敵な演奏を聴かせて頂きました。

ミニコンサートでは下記のプログラムをお話を交えながら演奏させて頂きました。
 バッハ=ケンプ:主よ、人の望みの喜びよ
 ベートーヴェン:ソナタ第14番「月光」
 ドビュッシー:月の光
 ショパン:幻想即興曲

発案・主催の加納愛実さん、審査で一緒だった木村佳野さん、
素敵なヴァイオリン演奏をされた佐藤茉奈美さん、スタッフの皆様、
大変お世話になりました!
1234080_10201746458766042_1490004732_n
1234698_10201330017830922_2075353660_n

◆8月26日◆
イタリア時代の友人ピアニスト西村優さんと4年ぶりの再会。
留学時代の友人達と久しぶりの再会を果たす時いつも思うのですが
まるで昨日までずっと一緒にいたような感覚になるのはなぜなのでしょうか。
何年経ってもいつかこうして会えるというのは嬉しいことですね。

今日も様々なことに感謝。日々精進ですね。
皆様どうぞお元気で。

Written by yuko 2013.08.27 08:47 | No Comments

Performance for Mukoujima Rotary Club & judge @ Osaka, Takarazuka, Sapporo

暑中お見舞い申し上げます。

今年は特に蒸し暑く、熱帯雨林の国のような夏ですね。

しばらくこちらのウェブサイトに不具合があり、なかなか更新出来ませんでしたが

概ね元に戻りましたので、再び日々のことなどを書き連ねてまいりたいと思います♪

6月27日は東武ホテルレバント東京にて向島ロータリークラブ総会があり

お話を交えながら演奏させて頂きました。

ショパン:小犬のワルツ、幻想即興曲

ベートーヴェン:ソナタ「月光」

ドビュッシー:月の光

ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲

演奏後は皆様と美味しい食事に舌鼓。楽しいひとときでした。

実はこの日はパリの恩師でもあるジェルメーヌ・ムニエ先生のご命日。

その日にこうして誰かのために演奏出来るという幸せを噛みしめつつ、想いを馳せました。

帰り際にスカイツリーをパチリ。

IMG_1429

6月29日は京都へ。

秋の演奏会で伴奏させて頂く渡士あかねさんと会場の青山バロックザールにて合わせがありました。

まずは腹ごなしにモリタ屋でランチ♪

IMG_1433

青山バロックザール。ピアノが3台あり、まずは試弾しました。

IMG_1434

歌の方の伴奏ということもあり、また状態も素晴らしかったので、ベーゼンドルファーに決めました。

みっちり4時間合わせをした後、パリ時代からの友人夫妻宅へ行き久々の再会。

そしてまた別のパリ時代の友人と京都駅で再会。留学時代が懐かしく楽しいひとときでした。

夜遅くに大阪に到着。

翌30日は朝からピティナピアノコンペティションの審査でみつなかホールへ。

響きが素晴らしいホールで、参加者の皆さんの音色もきれいに響いていました。

参加者の皆様、素敵な演奏をありがとうございました。

審査員の皆様、スタッフの皆様、大変お世話になりました!

夜遅くに帰京し、翌7月1日は朝から大学勤務でした。

7月5日夕方に札幌へ。

中学時代の友人と久しぶりの再会。海鮮が美味しいこと!

たこの唐揚げは初めて頂きました。どれも美味しかったです。

IMG_1445

IMG_1446

IMG_1447

IMG_1449

7月6日はピティナピアノコンペティションの審査。

朝早くに目が覚めたのでホテル近くの中島公園を散歩しました。

少しひんやりとした空気と緑に癒されます。


IMG_1454
IMG_1455

コンクールはヤマハアヴェニューホールにて、様々なカテゴリーの演奏を一日中聴かせて頂きました。

こちらでも沢山の素敵な演奏に出会いました。

参加者の皆様、審査員の先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました!

翌日は久しぶりのフリー。

中学時代の友人とご主人とでクラーク博士で有名な羊が丘展望台へ行きました。

IMG_1464 IMG_1460 IMG_1461 IMG_1475

この日は青空が広がり、気温も札幌では珍しく30℃まで上がりました。

羊に親近感を覚えながら・・・ゆったりのんびり。こういう時間が過ごせてとても幸せでした。

夕方には帰京。翌8日は大学勤務。毎日めまぐるしく過ぎて行きます。。

7月20日はモーツァルティアン・フェライン例会が原宿アコスタジオであり、

久元祐子先生のレクチャーコンサートを拝聴しました。

K.332とK.333のソナタをお話とともに演奏されました。

とても勉強になり、刺激を受けたひとときでした。

その後懇親会にも参加させて頂き、久元先生と写真を一緒に撮らせて頂きました。

IMG_1505

モーツァルティアン・フェラインの澤田会長、石津副会長と。

IMG_1509

こちらの会には日本モーツァルト協会の会員の方もかなりいらっしゃるようで

懇親会では昨年4月にモーツァルト協会で演奏させて頂いたことを覚えて下さった方が多くいらっしゃり

嬉しいやら恥ずかしいやら・・・でした。

明日26日は某池袋のホールにて弾き込み、そして夜はパリで知り合った友人ソプラノ歌手

浦田典子さんのリサイタルを拝聴します♪

今週で田園調布学園大は無事前期試験も終了し夏休みに入りました。

来週はいよいよ昭和音大の実技試験。そして週末は神戸です。

最近私自身はチャイコフスキー、モーツァルト、ベートーヴェン、ルトスワフスキなどを勉強しています。

全てが糧になってより幅広い音楽表現につながるように、日々精進します!

皆様、暑さに負けずに素敵な夏をお過ごしくださいね。

Written by yuko 2013.07.26 10:27 | No Comments

After 2 months…

梅雨真っ只中の東京ですが・・・皆様お変わりありませんか?

前回のブログ更新から約2ヶ月もご無沙汰してしまいました。。

この2ヶ月は新しいプログラムの勉強、友人・知人との美味しい宴、

大切な友人の結婚式、お世話になった方との会食、そしてお世話になった方との突然の別れ・・・

色々な事がありました。

演奏会にも足を運びました。

イモラ時代の友人で同門のピアニストアレキサンダー・ロマノフスキーさん、

イモラで同じ時を過ごしたピアニスト菊池洋子さん、

音楽評論などの執筆をなさりながら演奏活動を続けておられるピアニスト田中麗子先生、

和楽器の魅力を銀座十字屋ホールにて演奏された三味線&尺八デュオHIDE-HIDEさん・鳴物師 秀さん・ピアニスト脇丸諄一さん。

どれもとても印象深い素晴らしい演奏でした。

楽器店にもいくつかお邪魔しました。

勤務先でもある昭和音楽大学近くの百合ヶ丘にある京浜楽器

(ピアノ型のテーブルがかわいくて思わず撮ってしまいました!)、

銀座の大通り沿いにある十字屋、

大阪に新しく出来ましたグランフロント大阪にある島村楽器

(こちらは約40名収容可能なサロンです)、

そして練習させて頂いたヤマハグランドピアノサロン大阪。

http://www.satellitedishcanada.com

日本は本当に様々なピアノが素晴らしいメンテナンスで設置されているなぁと再認識。贅沢な国です。。

ピティナピアノコンペティションの審査も始まりました。

先週15、16日は大阪に行きました。

お世話になりました審査の先生方、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

参加者の中にボルトキエヴィチを演奏された方がいらっしゃり

個人的にはその選曲だけでもとても嬉しいものでした。

一人一人が個性のある演奏で、これからが楽しみです。

また次の場所でも素晴らしい演奏・才能に出会えることを楽しみにしています。

なお、ピティナ表参道支部がこのほど発足、発足会がカワイ表参道にて行われました。

桐朋での同期でもある川村文雄さんが素晴らしい演奏を披露されました。

カワイの日下さん、ピティナの福田専務理事、川村さんと。2枚目は金子勝子先生です。

大学の方にも漸く慣れてきて、最近は前期の試験に向けてエンジンがかかってきたところです。

先週はジョン・オコーナー先生の公開レッスンが昭和音楽大学で行われ

ベートーヴェンのスペシャリストでもある先生の前で熱情、31番のソナタを2人の学生が演奏、

留学時代が懐かしくなるようなレッスンの仕方、真剣な眼差しにあっという間の2時間でした。

夜はピアノ部会の先生方とオコーナー先生とで大学内にあるイタリアンで美味しいひととき。

桐朋時代の懐かしい友人とも再会出来てさながら同窓会の様相になりました。

桐朋の一つ上の先輩でもあるピアニスト末永匡さん、南部麻里さんと。

2枚目は深川美奈さんです。

今週は木曜日に非公開のソロの本番、歌の方とのホールでの合わせ、そしてコンクール審査の予定があります。

体調管理に気を付けながら色々な事を頑張りたいと思います。

スケジュールも更新しました。秋以降の予定が少しずつ増えています。

よろしかったらご覧頂けたら嬉しいです。

それでは皆様、素敵な日曜日をお過ごしください♪

Written by yuko 2013.06.22 09:27 | No Comments

Recital @ Kawai Omotesando

ココロノヒビキ Vol.4リサイタル、終わりました!

超満員の皆様にお聴き頂きまして、本当にありがとうございました!!

前半は我慢のゴルフ・・・のような展開になってしまいましたが

後半ははじけて楽しく演奏させて頂きました。

アンコールにはボルトキエヴィチのエレジーを演奏させて頂きました。

今回は小品ばかりを取り上げる結果となり、

大作とはまた違う難しさを実感、良い経験をさせて頂きました。

本日調律を担当して下さった葛西司さん、カワイの皆様、お世話になった皆様、

心より感謝申し上げます。

次回(2014年4月4日金)はいよいよシリーズ最終回です。

今回学んだことをしっかり消化して、更に精進してまいりますので

どうぞまたお聴き頂けたら嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。

明日は自宅でレッスン日です。こちらも頑張ります♪

Written by yuko 2013.04.27 01:27 | No Comments

in Europe & Telecom center atrium concert

1ヶ月更新出来ませんでしたが、皆様お元気でいらっしゃいますか?

私は3月25日から1週間、久しぶりにヨーロッパへ行き、

4月からは昭和音楽大学と、田園調布学園大学の講師としての生活が始動し、

4月11日にはテレコムセンターにて、ヴァイオリニスト田口美里さんとのデュオの演奏会に出演させて頂き、

そして今は今週26日に迫りましたカワイ表参道でのリサイタルに向けて追い込み練習をしているところです。

長文になってしまいましたが、お時間ありましたらお付き合い頂けたら嬉しいです。

◆3月23日◆

田園調布学園大学講師連絡会に出席。

初めての出勤です。

これからお世話になる先生方と初顔合わせで緊張しましたが

皆様とても朗らかで親切な方ばかりでほっとしました。

◆3月25日◆

1年2ヶ月ぶりのパリへ。

滞在先は留学時代に住んでいた17区界隈なので

着いて早々辺りを散歩、夕飯も留学時代によく足を運んだビストロへ。

そして友人との再会。

何もかもが懐かしく、久しぶりにゆったりした時間を過ごせました。

◆3月26日◆

朝友人宅で練習させて頂き、お昼前に恩師リビツキー先生と再会、

そして15時からEHPAD Galignaniにて1時間のリサイタルでした。

ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲

ショパン:4つの即興曲

ボルトキエヴィチ:4つの小品 作品3

アンコールにヒナステラのアルゼンチン舞曲第1曲を演奏させて頂きました。

オーガナイズの Coeur en Fête協会のBaudoさんとも久しぶりにお会い出来て嬉しかったですし

パリで、そしてプレイエルのピアノでショパンを弾ける喜びをかみしめながら

演奏させて頂きました。

その後はオペラ座界隈へ。

プランタンをふらふら歩いて、そしてまた友人と再会。

夜はリビツキー先生が主宰されていて、以前私も出演させて頂いたAnimatoの演奏会を聴きにコルトーホールへ。

Tamar BERAIAさんとOlga STEZHKOさんの熱演を拝聴し

時差ぼけもあるのでさて帰ろうか・・・と思ったらリビツキー先生から

「これから日本食レストランに皆で行こう!」とお誘い頂き

日本から来たのになぜか中国人の経営する日本食レストランへ。

「天ぷらの盛り合わせ」として餃子やエビフライが来たり、

「焼き鳥」と称して鮭やマッシュルームが串刺しにされたものが登場して眠気も覚めました。。

ところでAnimatoの関係者の中には私だと分からない人もおり

どうしてかな・・・と思っていたら髪型が全然違う!と言われて納得。

当時は髪が長かったんですね。。。私。

そんなこんなで長い長い1日が日付も変わってやっと終了。

ベッドに入る頃には今日自分が弾いたのがとても前のように感じました。

◆3月27日◆

寝坊してしまったものの、何とか起きてサン・シュルピス教会へ。

荘厳な雰囲気に気持ちが穏やかになり、近くのリュクサンブール美術館へ。

シャガール展が開催中で、以前に訪れたニースのシャガール美術館が素晴らしかったので

是非見たかったのですが行列が・・・近くのマダムの話によると待ち時間が1時間以上とのこと。

今回は短期滞在なので諦めることに。残念でした。

お昼は友人とガレットやさん(そば粉のクレープ)Josslinへ。

シードルとガレットの組み合わせは最高!

そして午後はマレ地区のお気に入りのスペインのブランドbimbaamp;lolaでお買い物。

こちらの商品はまだ日本には入ってきていないのですが、パリのプランタンには店舗が入ったそうで

今後近い将来日本にも上陸することを願いつつ、ルイサダ先生のレッスンへ。

久し振りに会う先生は元気そう。黒ラブラドール犬のボギーも13歳半とは思えない足取りで迎えてくれました。

そこから懐かしくも恐ろしい鬼のレッスン開始。。。

こってり絞られた後は集まった全員牡羊座の友人たちとの夕食。

楽しい時はあっという間に過ぎていきますね。

◆3月28日◆

オペラ座のヤマハ・アーティストサービスYASEへ。

室長をはじめ皆さんに会うことが出来、近況報告できました。

そしてまたルイサダ先生のレッスンへ。

ショパンのモーツァルトに共通するようなシンプルさが難しく

試行錯誤の連続ですが、音の出し方やフレージングなど、とても勉強になりました。

夜のフライトでボローニャ着。そしてイモラへ到着。

イモラに着いた時にはほぼ真夜中だったのですが

そこからおしゃべりタイム開始で、ベッドに入ったのは翌早朝5時・・・。

学生時代こんな日々だったなあと懐かしくなりながら、

それに耐えられなくなってきている自分に多少ショックを感じながら

真面目な話から笑える話まで、貴重なひとときでした。

多分もうこんな贅沢な時間は戻って来ないでしょう。

◆3月29日◆

なんとか起きてイモラ国際ピアノアカデミーへ。

秘書のアンジェラはすっかり母の表情、新しい秘書のマルコにも会えました。

留学して最初に師事したスカラ先生もお元気でした。

事前に連絡せず突撃訪問でしたので、皆さん大変驚いていましたが

なかでもペトルシャンスキー先生は盛大に驚いて下さいました(^^;

思い出のご当地パスタ、ガルガネッリや

http://www.a-in-a-circle.com/newton/bic.html

今までの人生で世界一美味しいと思うジェラートやさんのジェラートを食べすっかり満喫。

友人がやっているカフェで飲むカプチーノは格別。イタリアのカフェは本当に美味しい。

名残惜しい気持ちになりながらイモラを後にして、夜には列車でロヴェレートへ到着。

夕飯はピッツァにしました♪

◆3月30日◆

朝9時からお昼を挟んで18時までマルガリウス先生のレッスン。

相変わらずの厳しいレッスンでしたが

自分が教えるようになって、改めてレッスンを受けてみると

それまでとはまた違った角度でレッスンを受講することが出来て新鮮でした。

自分の中に消化して、そしてまた自分の生徒に伝えられるようにしたいと思います。

ランチでは偶然イタリアモーツァルト協会会長のヴォラーニ氏と嬉しい再会を果たしました。

すっかりよれよれになりながらヴェローナ空港近くのホテルへ。

翌日からサマータイムになるため時計を1時間早めて就寝。

◆3月31日◆

復活祭の朝、定刻通り7時40分発のフライトでパリを経由、日本へ。

滞在中は春とは思えない寒さで(パリでは雪がちらつくほど)、風邪を引いてしまう。

そして4月1日に帰国。1週間とは思えない、とても充実した旅となりました。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました!!

◆4月2日◆

11日公演にむけてテレコムセンターにてみっちりリハーサル。

◆4月3日◆

目が覚めると熱が38度・・・そしてその後人生初のめまいで世界が回って全く動けず。

なんとか病院へ行くもめまいがひどくて歩けず、点滴をして頂き夕方帰宅。

◆4月4日◆

めまいで動けず、藁にもすがる思いでいつもお世話になっている小守スポーツマッサージ療院へ電話。

急遽診て下さり、会った瞬間に開口一番「首の骨の位置がずれてるじゃない」。

首の骨の位置がずれて耳に水がたまってめまいが起きたとの見解で施術して頂いたら・・・治った!奇跡!!

◆4月5日◆

田園調布学園大学で授業の進め方など細かい話を主任の先生から説明を受けた後、

昭和音楽大学にて生徒たちとレッスン打ち合わせ。

両大学とも近いので、こういうことが出来て助かります。

素直で礼儀正しい印象の皆さん。レッスン時間もわりとスムーズに決めることが出来ました。

◆4月6日◆

昭和音楽大学辞令交付式、入学式、研修会。

こちらの先生方も皆様とても雰囲気が良くて、温かい方ばかり。

いよいよ新生活の幕開けです。

月曜日と水曜日が勤務日で、それ以外は自分の練習やプライヴェートの生徒のレッスンになります。

演奏活動と教育活動の両立が出来る様に、頑張ります!

◆4月8日◆

田園調布学園大学勤務日

◆4月9日◆

田口さんと最後の合わせ

◆4月10日◆

昭和音楽大学勤務日

レッスン室です。

◆4月11日◆

テレコムセンターアトリウムコンサート本番。

ヴァイオリン:田口美里 ピアノ:上野優子

シューベルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナチネ 第3番 D408

ショパン=ミルシテイン:ノクターン(遺作)

ボルトキエヴィチ:4つの小品 <日本初演>

ラヴェル:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

高校のクラスメイトでもある田口さんと

ランチタイムとは思えない、かなり本格的な曲目を演奏させて頂きました。

実は共演は初めてだったのですが、肩肘張らずに自然体で室内楽が出来てとても楽しかったです。

ご来聴下さった皆様、本当にありがとうございました!!

増田様、B-tech Japanの藤野様、皆様、お世話になりました!!

◆4月14日◆

おそろしく久しぶりに桐朋時代の恩師・有賀和子先生のレッスンへ。

26日のプログラムをすべて通して聴いて下さいました。

先生の音楽に対する謙虚で真摯な姿勢に改めて尊敬の念をいだきました。

◆4月15日◆

田園調布学園大学勤務日

◆4月16日◆

カワイ表参道にてリハーサル。

<ココロノヒビキ>シリーズでは毎回調律師さんも変わります。

今回は葛西司さんにお願いしたのですが、リハーサルの時間に来て下さったので

葛西さんと相談してピアノの置く位置を決めました。

いよいよ追い込み練習頑張ります!

◆4月17日◆

昭和音楽大学勤務日

◆4月18日◆

田園調布学園大学教員顔合わせ会に出席。

100名を超す教職員の皆様と新百合ヶ丘のホテルモリノの美味しいビュッフェを頂きながらのひととき。

不意に新任の先生はご挨拶を・・・と言われ、緊張しながら壇上に登ってご挨拶。

久し振りに西村理事長ともお会い出来て楽しいひとときでした。

いよいよ今週26日、リサイタルを迎えます。

お蔭様で残席僅少となっております。

皆様に楽しんで頂けるように頑張ります!

当日皆様と会場にてお会いできるのを楽しみにしております♪

Written by yuko 2013.04.22 09:27 | No Comments

Public Recording Concert @ To-on Hall

桜が開花しましたね♪

私はこの1週間、珍しく引きこもり(弾きこもり)

本日(もう昨日ですね・・)東音ホールにて公開録音コンサートを開催させて頂きました。

知られざる作品ばかりを取り上げましたが

いらして下さった皆様、全日本ピアノ指導者協会の皆様、

本当にありがとうございました!!

ベートーヴェン、ボルトキエヴィチ、ヒナステラを演奏させて頂きました。

演奏会とCD録音の中間のような、いつもと違った緊張感がありましたが

温かい雰囲気に包まれて終演することが出来ました。

後日YouTubeのピティナチャンネルにアップされる予定ですので

(CDとは違ってキズがあるのが恥ずかしいですが。。。)

また公開が決まりましたら、こちらにお知らせさせて頂きます。

高田馬場管絃楽団の方々と。

指揮の森山崇先生とは2011年テレコムセンターで共演させて頂きました♪

大変お世話になったピティナの皆様と。

25日から久しぶりのヨーロッパです。

色々な事をスポンジのように吸収して、音楽表現に生かすべく頑張ります!

Written by yuko 2013.03.18 09:27 | No Comments

Yamaha Mini Floor Concert &amp; Minami Azabu Lunchtime Concert

はや3月。。。

今年は特に時が過ぎるのが早く感じられます。

(毎年思うのですが、歳でしょうか・・・苦笑)

もはや恒例となってしまいましたが

遡り日記、スタートです。

◆2月11日◆

長年お世話になっている藤巻暢子さん主宰のコンサートJOYによる

ニコライ・サラトフスキーamp;沼沢淑音ジョイントコンサートを

多摩境にあるカフェギャラリーアルルにて拝聴。

素晴らしい熱演でした。

現在もコンクール挑戦期バリバリ現役のお二方の選曲と演奏は

自分の留学時代を思い出し、とても懐かしく刺激を受けました。

◆2月13日◆

渋谷の大和田さくらホールにて「現代の音楽展2013」を拝聴。

普段なかなか現代音楽のみの演奏会に足を運ぶことが少ないのですが

現代ならではの響きが更に想像力・創造力を膨らませて

とてもリフレッシュできました。

これからも色々なジャンルの音楽に触れていきたいと思いました。

◆2月19日◆

4月11日の高校時代の同級生でもあるヴァイオリニスト田口美里さんとの

テレコムセンター公演のための初合わせ。

室内楽は様々な角度で作品を見て創り上げていく過程も楽しみのひとつだなあと改めて実感しました。

◆2月20日◆

生徒が第一志望のわが母校に合格。

ブランクがあったのですが、それをものともせずよく頑張りました。

これからも自分の道を模索しつつ精進していって欲しいと思います。

◆2月23日◆

ヤマハピアノフォルテ上大岡にて

ヤマハグランドピアノCXシリーズ 上野優子ミニフロアコンサートを開催。

13時の回では下記のプログラムを演奏しました。

ショパン:小犬のワルツ

ベートーヴェン:32の創作主題による変奏曲

ショパン:即興曲第1番、幻想即興曲

ボルトキエヴィチ:エレジー

ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲より「年老いた牛飼いの踊り」

そして、15時の回では下記のプログラムを演奏しました。

ショパン:即興曲第1番、幻想即興曲

ボルトキエヴィチ:エレジー

ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲

バッハ=ジロティ:プレリュード

トークを交えながら演奏させて頂きました。

CXシリーズの魅力は歌心ある音色を引き出す響きと、

力強く華やかな響きを持っていることだと思いましたので

それらをお伝え出来るように選曲してみました。

演奏後はピアノの選定についての素朴な疑問なども伺い

小学生のお子さんが沢山のピアノを弾いて違いを楽しむ姿は

見ているこちらまでほっこりする瞬間でした。

ヤマハ上大岡の皆様、大変お世話になりありがとうございました!

ヤマハの方に連れて行って頂いたお寿司がまた美味しかったです♪

◆3月2日◆

高校時代の門下の先輩ピアニストでもある岡田将さんの

バッハパルティータ全曲リサイタルを拝聴するため浜離宮朝日ホールへ。

仕事がおしてしまい、遅れての入場となってしまいましたが

まずこの企画でリサイタルをやってしまう知力・体力に脱帽。

6番が特に素晴らしかったと思います。

終演後に撮って頂きました。

◆3月7日◆

南麻布セントレホールにてランチタイムコンサートを開催させて頂きました。

こちらのホールで弾かせて頂くのは2回目。前回は昨年9月でしたが

ピアノの状態がその頃よりも随分変化していて

更に音の伸びが良くなり、素直に鳴ってくれました。

(1927年製のNYスタインウェイをオーバーホールしてあり

柔らかな響きが素敵なピアノです。)

プログラムは下記の通りです。

ショパン:幻想即興曲

ボルトキエヴィチ:前奏曲 作品33-7、カプリッチョ 作品3-1、エテュード 作品3-2、ガヴォット-カプリス 作品3-3

ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲より「はぐれ者ガウチョの踊り」

アンコールなしのつもりでいたのですが、プロデューサーで司会も務められる鈴木達也さんより

「アンコールを1曲」とのお言葉を頂戴して

急遽アルゼンチン舞曲の「年老いた牛飼いの踊り」を演奏させて頂きました。

懐かしい友人たち、いつも聴いて下さる方々、

そして先日知り合った方々など多くの方にいらして頂きとても嬉しかったです。

そして鈴木さん、ホールオーナーの二郷さん、チラシデザインから何でもこなす福田さん、

調律の鈴木さん・・・皆様、本当にありがとうございました!!

終演後に頂いたお寿司がまた美しくて美味しかったです。

次は3月17日(日)14時より、巣鴨にあります東音ホールにて

公開録音コンサートを開催させて頂く予定です。

http://www.piano.or.jp/concert/news/2012/10/12_14923.html

知られざる作品ばかりではありますが

日曜日の午後のひととき、お楽しみ頂けるよう頑張りたいと思います♪

まだまだご予約受付中ですので

どうぞよろしくお願い申し上げます。

漸く、そして突然に春到来。

皆様どうぞお元気で!

Written by yuko 2013.03.08 09:27 | 2 Comments

working..

あっという間に・・・という言葉ばかり使っている気がしますが

あれよあれよという間に暦の上ではもう立春ですね。

この写真は我が家の梅ですが、大分咲いてきました。

時計の針を少し戻して、1月後半からの出来事を綴りたいと思います。

 

◆1月28日◆

港区中途障害者会の新年会でメルパルクにて

ヴァイオリンの高橋和歌さん、フルートの栗原希さん、

ソプラノの佐々川広子さん、高木佑子さんと共演させて頂きました。

<曲目>

モーツァルト:フィガロの結婚 序曲 (Vn & Fl & Pf)

早春賦、浜辺の歌、椰子の実、この道

サン=サーンス:白鳥、序奏とロンド・カプリチオーソ (Vn)

フォーレ:リディア、ドビュッシー:ピエロ、グノー:ロメオとジュリエットより「私は夢に生きたい」

ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 (Fl)
ショパン:幻想即興曲

ヴェルディ:乾杯の歌 (Sop.重唱)

 

最後には会場の皆様の合唱で

白い花の咲く頃、四季の歌、湖畔の宿、下町の太陽の4曲。

出演者全員が即興で演奏(私は伴奏譜を頂いておりました)。

全ての曲にピアノは登場するので、ちょっと目が疲れましたが

共演の皆様もとても素晴らしい方ばかりで

楽しく演奏させて頂きました。

日本歌曲の素晴らしさも再認識出来ました。

港区長もいらっしゃり、とても和やかで賑やかな会でした。

終わった後に近くの東京タワーを撮影。

◆1月29日◆

横浜みなとみらい小ホールにて

パリでお世話になった方と

ムニエ門下の先輩ピアニスト川井綾子さん、はとこのご主人でもあるチェリスト海野幹雄さんが出演の

チェンバー・ソロイスツKANAGAWA2013 室内楽の夕べVol.2 を拝聴。

室内楽ならではの音楽を通した会話や温かい雰囲気、そして白熱した演奏を楽しませて頂きました。

ショスタコーヴィチのトリオ2番はとても好きな作品で、聴くことが出来て嬉しかったです。

 

 

◆2月3日◆

朝9時から夜20時半まで、亀戸カメリアホールにて

リバティピアノフェスティバルin NIHONYA本選の審査。

今回は記念すべき10回目ということで、ピアノが贈呈される社長賞が特別に設けられました。

2年前から聴かせて頂いているのですが、皆さんのどんどん成長されている姿がとても嬉しかったです。

審査でご一緒させて頂いた林田皇太郎先生、和田仁先生にも大変お世話になりました。

 

 

 

◆2月6日◆

知人にお誘いを受け、綱島三井倶楽部でのパーティーに参加させて頂きました。

とても素敵な洋館で、ロダンの彫刻もありました。夜だったので庭園を見ることが出来なかったのが残念。

出席された方々がまた素晴らしい経歴の方ばかりで、社会勉強させて頂きました。

◆2月8日◆

港区福祉プラザさくら川にて

お話を交えながらピアノソロの演奏をさせて頂きました。

 

<曲目>

ショパン:小犬のワルツ

ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲

ショパン:即興曲第1番、第2番、幻想即興曲

ボルトキエヴィチ:4つの小品 作品3より 第1番カプリッチョ

ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲

 

こちらの会場のお客様のほとんどは施設に入っておられる心身障害者やお年寄りの方々、

そして職員や付添いのご家族の方々です。

音楽に合わせて自分のタイミングで手拍子をする方、一緒に歌っている方など

本当に皆さん様々な表情で、しかし真剣に聴いて下さいます。

興味がなくなれば、ざわざわした雰囲気になります。

ごまかしの効かない「心」に向けて演奏することはなかなか大変ですが

とても多くのことを学ばせて頂く貴重な時間となりました。

終演後にはボルトキエヴィチの作品に興味を持って下さった方、

わざわざお声をかけて下さった方のお気持ちが嬉しかったです。

 

 

 

夜はカワイ表参道での田崎悦子先生監修のJoy of 室内楽コンサートVol.6 へ。

ゲストアーティストはチェロの岩崎洸さん。

共演は桐朋学園大学在学中の若く素晴らしい才能を持ったヴァイオリン、ヴィオラの方々で

ピアノトリオ、ショパンのチェロソナタ、そしてシューマンのピアノ五重奏曲を演奏されました。

大御所と若手の共演というのはなかなか興味深い企画だなあと思いました。

とても楽しいひとときでした。室内楽ってやっぱり良いなぁと思いました。

 

 

 

さて。

ここで宣伝をば・・・。

2月23日(土)、1回目は13時より、2回目は15時より

ヤマハ ピアノフォルテ上大岡にて

ヤマハグランドピアノCXシリーズ 上野優子ミニフロアコンサートを開催させて頂くことになりました。

入場無料(予約制)ですので、お近くにお住まいの方やCXシリーズのピアノにご興味おありの方、

お時間ありましたらお気軽にふらりといらして頂けたら嬉しいです。

なお、ピアノの購入を考えていらっしゃる方には選定のポイントやアドバイスもさせて頂く予定で

朝から夕方までこの日は上大岡におります♪

詳しくはWebをご覧下さいませ。

http://www.yamahamusic.jp/shop/kamioooka/event/detail/3518

 

 

 

3月7日(木)12時30分~13時@南麻布セントレホールにてソロ、

3月17日(日)14時@東音ホールにて公開録音コンサート、

4月8日(月)12時05分~13時@テレコムセンターにてヴァイオリン田口美里さんとデュオ、

4月26日(金)カワイ表参道にてリサイタルシリーズ<ココロノヒビキ Vol.4>

・・・と本番が続きます。

Scheduleの一番下にチラシなど情報を掲載させて頂いております。

どこかで皆様とお会いできれば幸甚です。

 

慌ただしい毎日ですが、色々なことにチャレンジ出来る環境に感謝しつつ

明日からもまた頑張ります!

 

Written by yuko 2013.02.10 10:08 | No Comments

New Year Party on 16th, Advice Lesson & Concert on 20th

毎日本当に寒い日が続いておりますね。。

 

16日はカワイ表参道にて新年祝賀会に参加してまいりました。

参加者の方々が今年成人式、ですとか、これから留学もしくは留学中の方・・・などフレッシュな顔ぶれが多く

多少年月の流れも感じながらも同期の友人たちにも会えてとても楽しいひとときでした♪

カワイの皆様、ありがとうございました!

 

 

そして20日はヤマハ池袋店にて「アドヴァイスレッスン&発表会」を開催させて頂きました。

お聴き下さった皆様、ありがとうございました!!

受講生の皆様、素敵な演奏をありがとうございました♪

ヤマハ池袋店の皆様、大変お世話になりました!

 

11時30分から1人30分のレッスンを3名させて頂き

15時から受講された3名が下記の作品を演奏されました。

ショパン: スケルツォ3番、ドビュッシー: 月の光、ショパン: 前奏曲22番~24番

3歳でピアノを始めた14歳の中学生のお嬢さんから40代でピアノを始めて20年という方まで

幅広い世代の方々がそれぞれ音楽に情熱を傾けておられる姿がとても印象的でした。

その後私がショパン: 幻想即興曲、即興曲1番、ヒナステラ: アルゼンチン舞曲を

お話を交えながら演奏させて頂いたのですが

今まではお昼に演奏して午後にレッスン・・・という形態だったのが

今回は最後に演奏ということになり、集中力の持続方法の難しさを痛感しました。

そんなわけで反省点は山のようにありますが

温かい雰囲気でお子さんから大人の方まで、大変多くの方が耳を傾けて下さり

とても嬉しかったです。

また、ピアノが昨年秋に発表されたCXシリーズ「歌うピアノ」で

音の伸びが良く、特にショパンではフレーズ創りに力を貸してくれたように思います。

 

今回は受講された2名が「ソニーピアノの会」のメンバーで

同会の方々もいらして下さいました。

写真まで撮って下さいましたので、ご紹介♪

今年の同会の定期演奏会は12/7かつしかシンフォニーヒルズで開催されるとのことです。

 

明日はヴァイオリン、フルート、ソプラノの方々と

28日の本番(クローズド)にむけての合わせです。

我が家のピアノがそろそろ限界に来ていましたので

昨日調律して頂き、準備万端!

あとは私の練習次第。。。汗

 

 

というわけで、今日も一日頑張りたいと思います。

今、ここで生かされているということに感謝しつつ・・・

 

 

 

Written by yuko 2013.01.22 10:20 | No Comments