Yuko Ueno Official Web Site

Nohant, Paris

このままだとノアンについて「書く書く詐欺(?)」になりそうなので

勢いに任せて書いてみようと思います。

 

◆3月22日◆

明け方までのお祭り騒ぎが尾を引き、寝不足・・・。

ノアンに到着して、ジョルジュ・サンドの家のガイドツアーに参加(残念ながら写真撮影不可)。

今までショパンのことばかりで全然知らなかった(知ろうとしなかった)サンドのこと、

生活ぶりや家柄など、様々な事を知る良いきっかけになりました。

ショパンと別れた後はショパンの部屋にあった物は全て処分してしまい

部屋の壁紙も変えてしまったとのことで、ショパンの面影はほとんど感じられないのは残念でしたが

アップライトのプレイエルがあり、試弾させて頂きとても感激しました。

(当時、プレイエルは度々試作品をノアンに送ってショパンに感想を求めていたそうで

私が弾かせて頂いたピアノはショパンとサンドが破局した頃で

おそらくショパンは弾いていないだろう・・・とのことでしたが。)

IMG_1988[1] IMG_1996[1]

 

サンドの家(母屋)入口

IMG_1995[1]

 

サンドと前の夫との間の子供モーリスとソランジュがそれぞれ生まれた年に植樹された木が現在も残っています。

 

IMG_2003[1] 

IMG_2001[1] IMG_1999[1] 

料理の腕前もプロのシェフ並みだったサンドのお蔭もあり

ノアンにいた頃のショパンは作曲活動も活発で、傑作も数多く残しています。

なかなか交通が不便なところなので、パリに住んでいた時には訪れることが出来ませんでしたが

こうして実際に足を運ぶことが出来て、とても貴重な時間が過ごせました。

 

夕方の列車でパリへ。

この日はすぐに眠りにつきました。

 

◆3月23日◆

パリ滞在最終日。

日曜日なのでデパートもスーパーもほぼお休みなのが残念ですが

マレ地区はお店が開いているのでそちら方面へ。

セーヌ川を眺めてから

IMG_2006[1]

 

コニャック=ジェイ美術館へ。

サマリテーヌ百貨店の創始者コニャック氏とその妻のコレクションを展示してあり

規模はとても小さいですが、絵画だけでなく家具や陶器など素敵な物が沢山!

IMG_2007[1]  IMG_2009[1]

 

 

思い出のヴォージュ広場

IMG_2010[1]

 

ショッピングも出来てファラフェルも食べて物欲を満たしたところで

最後にマドレーヌ寺院を見納め。

この日は雲の流れがとても早くて突然雨やあられが降ったりしていたもので

妙におどろおどろしい写真が撮れました・・・汗。

IMG_2012[1]  IMG_2013[1]

マドレーヌ寺院内部です。

 

IMG_2016[1]

 

 

そしてまた友人との楽しい語らいの時間もあっという間に過ぎ

23時20分発の飛行機で一路日本へ。

短くも濃い5泊7日の旅が終わりました。

 

帰国したら、いつもの気忙しい毎日ですが

少しはヨーロッパにいた頃の空気感は持って帰れたかな・・・と希望的観測。

今週からいよいよ大学も新年度が始まりますが

今年はもう少し肩の力を抜いて、でもパワフルに精一杯臨みたいと思います。

皆様、新年度もどうぞよろしくお願い申し上げます☆

IMG_2026[1]

 

Written by yuko 2014.03.31 09:58 | No Comments

Piano Concert @ Ota Bunka-no-mori Hall

東京は急に桜が満開になりました。

でも今日は春の嵐。。。お天気も気まぐれですね。

さて、ノアンのことを書こうと思っていたのですが

まずは今日のコンサートのことから始めたいと思います。

本日はスター楽器株式会社主催

大田文化の森ホールにて

第30回スターピアノコンクール記念

上野優子ピアノコンサートを開催させて頂きました。

悪天候のなかお聴き下さった皆様、本当にありがとうございました!!

第1部は昨年行われたスターピアノコンクールで予選・本選を経て入賞された8名の15歳までのリトルピアニストが出演、

第2部で私が「名曲とお話でつづるピアノコンサート」に出演させて頂きました。

 

曲目は下記の通りです。

バッハ=ケンプ:シチリアーノ、主よ,人の望みの喜びよ

ベートーヴェン:ピアノソナタ 作品27-2 「月光」

ショパン:幻想即興曲 作品66(遺作)、ノクターン 作品27-2、スケルツォ第2番 作品31

シューマン:謝肉祭 作品9

アンコールには、ショパンの小犬のワルツを演奏させて頂きました。

 

先週の渡仏でルイサダ先生にアドバイス頂いたことを整理しつつ

それをいかに自分の表現として実現するかを課題として練習していましたが

本番ではそれが少しずつ形になってきているのかなという手応えと

まだどこか空回りしているところもあり、さらに練習を積んでいきたいと思います。

終演後にはCD販売&サイン会までさせて頂きました。

スター楽器の皆様には大変お世話になりました。

佐藤豊社長と記念に1枚。本当にありがとうございました!

IMG_2029[1]

 

 

で、ノアンのお話はまた今度・・・(^^;

Written by yuko 2014.03.31 08:19 | No Comments

Maebashi, Paris, and Bourges!!

さてさて、3月もあっという間に終盤ですね。

本日25日、東京の桜も開花とか・・・まるで私の誕生日を祝ってくれたかのようですが(苦笑)

昨夜無事に帰国しました。日にちを10日ほど前に戻して、備忘録代わりに書かせて頂きます。

(かなりの長文になります・・・ご了承くださいませm(__)m)

 

◆3月15日◆

群馬県前橋市のピアニスト笠原智廣さん主宰のピアノアカデミーサロンにて

「ピアニストの個展」上野優子ピアノリサイタルを開催させて頂きました。

宮大工の吉田勝之さんによる建築で

樹齢600年以上の秋田杉を使った素敵な和風のサロンで

ベーゼンドルファーを使用して演奏させて頂きました。

<曲目>

バッハ=ケンプ:
シチリアーノ BWV1031
主よ、人の望みの喜びよ BWV147

シュニトケ:5つの警句

ベートーヴェン:
ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「月光」

ボルトキエヴィチ:スペイン 作品63-4

ショパン:
ノクターン 変ニ長調 作品27-2
スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31

シューマン:謝肉祭 作品9

 

実はリハーサルではピアノとお友達になるのに時間がかかり

ピアノプラザ群馬の調律師さんにわがままながら色々お願いしたところ

本番では劇的に音色が変わって嬉しい驚きでした。

急遽お話を交えながらの進行となりましたが

小さいお子さんから大人の方まで真剣な眼差しでお聴き下さり、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございました!!

来月4月12・13日には同サロンにて公開レッスンをさせて頂く予定です。

また来月が楽しみです♪

写真は友人でもある笠原智廣さんと終演後にパチリ。

笠原さんは華道家・假屋崎省吾氏のお弟子さんでもあり、当日も素敵な春らしいお花を活けて下さいました☆

IMG_1919[1] IMG_1923[1]

 

◆3月17日◆

深夜25時30分の飛行機でパリへ

 

◆3月18日◆

朝6時20分にパリ・CDG空港に到着。1年ぶりのパリ!

パリの恩師ルイサダ先生よりお招き頂き、先生のマスタークラスにゲスト受講生として参加させて頂くため

急遽この時期に来ることになりました。

今回のレッスン会場となるヤマハアーティストサービスには留学中、そして帰国後も大変お世話になったのですが

それが今月限りで閉鎖・ハンブルクに移転ということを渡仏直前に知り、

沢山の思い出がある場所がなくなるのは大変寂しく、でも閉鎖前に最後に訪れることが出来るのは嬉しくもあり

複雑な気持ちを持ちながら、空港からオペラ座すぐそばにあるヤマハアーティストサービスへ。

ヤマハのドアを開けた瞬間にルイサダ先生のお姿が・・・9時からのレッスン開始まもなくにも関わらず

とても温かく出迎えて下さり、スーツケースを持った私のくたびれた姿を見て

お向かいの5つ星ホテルLe Grand Hotelへ連れて行って下さり何とも優雅な朝食を頂きました。

(但し私は思いっきりラフな格好でしたので気恥ずかしい思いでした・・・苦笑)

IMG_1929[1]

 

私は午後の1番目のレッスンでしたので、午前中は練習。

因みにヤマハのアトリエは3室あり、今回は1番が公開レッスンに使われ

IMG_1959[1]

2番(写真左)・3番(写真右)が練習に使われました。

IMG_1933[1] IMG_1930[1]

練習を終えてひと休み・・・と思ったら午前中のレッスン時間が大幅に延びている!

先生は普段から1人のレッスン時間が長いので

果たして予定通り1時間で終わるのかどうか・・・と気にはなっていたのですが

結局午前中の最後の1人は始まることも出来ず、どんどん遅れて行きました。

私は時差ボケとの戦いもありましたので、更に目は細くなりもう大変。

漸く自分の番になりボルトキエヴィチの小品をまず聴いて頂き、次はシューマンの謝肉祭。

少しずつ分けてレッスンされるだろうと予想していたのに、これがいきなりの全曲通すハメに。

いきなりハードな一日でした。

でもペダルの使い方やフレージングに新たな発見がありとても勉強になりました。

 

夜は旧友との楽しい語らい&美味しい鴨♪フランスは鴨が本当に美味しいんです。

全員星座が同じ牡羊座ということで、早いお祝いを皆でしました。

IMG_1934[1] 10014698_10202884657493211_2140233969_n

 

 

◆3月19日◆

今回のマスタークラスに1日遅れで参加した私は本日は2回レッスンを受講。

午前中は謝肉祭の残り、午後はショパンのノクターンOp.27-2、スケルツォ2番をみて頂きました。

指使い、ショパンでは装飾音のもっと素敵な弾き方を教えて頂いたり

細かいところの表現方法についての指摘を受けました。

お昼はヤマハの花田さんご夫妻を近くのポルトガル料理へ。

花田さんとは2003年にお会いして以来でしたので、ゆっくりお話が出来て嬉しかったです。

IMG_1936[1] IMG_1937[1]

 

午後には、やはり留学中にお世話になった元ヤマハの調律師・大里さんとも偶然の再会!

大里さんはリヒテルやルイサダ先生の調律もされていた方で、先生と3ショット♪右は花田さんご夫妻と3ショット♪

IMG_1941[1] IMG_1943[1]

 

午後最後だった私のレッスンは漸く20時半すぎに終わり、夜はこれまたずっとお世話になっている方と友人とで

サンラザール駅構内にあるLAZAREというビストロへ。

こちらはHotel Le Bristolの3つ星レストランのシェフ、エリック・フレションがプロデュースしたビストロだそうで

朝7時半から夜23時まで開いているというのが素晴らしい。

お料理もとても美味しかったです。ただ、すごいボリュームだったので半分位友人に手伝ってもらいました・・・。

IMG_1946[1] IMG_1947[1] IMG_1948[1]

 

◆3月20日◆

今日は午後からマスタークラス受講生によるコンサート。

朝はこのマスタークラスのディレクターを務めていらっしゃる藤原なお子さんのご自宅で練習させて頂きました。

練習中にルイサダ先生からお電話・・・今日の曲目について。。

ノクターンとスケルツォ2番を演奏予定が月光のソナタとスケルツォ2番に急遽変更に。

さすがフランス・・・さすが先生・・・汗。

本番ではイメージを膨らませて心からの私なりの音楽を表現したいなあと思って演奏させて頂きました。

無事終演し、シャンパンとケーキと楽しい語らいのひととき。

そしてそのままBourgesへ列車で移動。流石に疲れました。

 

 

◆3月21日◆

午前中はブールジュの街を散策。街並みがパリとまた違います。

IMG_1960[1]IMG_1976[1]IMG_1977[1]

ユネスコの世界遺産に登録された大聖堂があります。すごい重厚感とステンドグラスの息をのむ美しさ。。

IMG_1964[1] IMG_1965[1] IMG_1972[1] IMG_1974[1] IMG_1975[1] IMG_1981[1]

お昼は先に着いている皆でRestaurant D’antin Sancerroisへ。見た目も楽しくとても美味しかったです。

IMG_1983[1] IMG_1984[1] IMG_1985[1]

そして午後に会場となったサン・ボネ劇場でリハーサルして、20時30分開演!・・・と思いきやハプニング発生。

19時に到着予定だったルイサダ先生の乗った列車が一向に発車せず遅延。

結局20時40分に先生はブールジュ駅に到着、21時すぎから先生の演奏でコンサート開始。

受講生の曲目も盛り沢山だったため、最後が出番の私はどんどん遅くなり・・・

結局弾き始めたのが日をまたいだ22日午前1時!!!これは初めての経験でした。

こんな遅くまできっとお客様もいらっしゃらないだろう・・・と思って舞台に立ちましたが

皆様ずっと聴いていて下さって嬉しかったです。

まるで大晦日の祭典みたいだなぁ・・・と思いながらショパンのノクターンとシューマンの謝肉祭を演奏、

ピアノもとても良く反応してくれて、集中して演奏出来ました。

時間も時間なのでお客様、先生、ディレクター、劇場の方、受講生の仲間・・・皆が異様なテンションで幕を閉じ

打ち上げではまた美味しいシャンパン、フォワグラ、ケーキの数々。。。宴は遅くまで続きました。

ルイサダ先生のとても大きな温かいお心、ディレクターの藤原なお子さんのきめ細やかなオーガナイズ、

明るい受講生の皆さんとの出会いと再会に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ボケてしまったのですが、劇場内部は小さいけれどもとっても素敵な装飾が施されていましたのでご紹介。

IMG_1987[1]

翌日のノアン小旅行、パリ最終日は次の巻へ・・・

Written by yuko 2014.03.26 02:18 | 2 Comments

曲目変更につきまして…4/4カワイ表参道公演

いつも演奏をお聴き下さる皆様へ・・・
4/4カワイ表参道公演についてお知らせがございます。
曲目の最後にラヴェルのクープランの墓を演奏予定でしたが、
シューマンの謝肉祭に変更させて頂くことになりました。
リサイタルシリーズ<ココロノヒビキ>全5回の曲目は2010年に組み立てました。
私としても最終回は留学した国でもあるフランスの作品を演奏したいと思っておりましたが、
恩師ルイサダ先生よりBourgesの劇場で演奏させて頂けるとの光栄なお話を突然頂き、
その際シューマンの謝肉祭を是非曲目に入れて欲しいとのことで、急遽3月下旬に渡仏することになりました。
謝肉祭は2001年初めての東京でのリサイタル時に演奏させて頂いた、私にとって大変思い出深い作品です。
練習を重ねていくうちに、13年という時を経て現在の私が改めて作品と対峙した時にどんな新たな発見が出来るのか、
このシリーズ最終回という舞台でそれを確かめてみたいという気持ちが次第に強くなり、曲目変更という結論に至りました。
このたびは大幅な曲目変更となってしまい、大変申し訳ありません。ご理解頂けましたら幸いです。
クープランの墓も折角勉強しておりましたので、いずれ皆様の前で演奏出来ればと願っております。
上野優子

Written by yuko 2014.03.06 07:24 | No Comments

About hometown..

2月はBlogを一度も更新出来ず失礼しました。

ソチオリンピック後、ウクライナ情勢が緊迫していますね。

イモラの恩師や友人、そしてライフワークとして勉強しているボルトキエヴィチ・・・

身近に多くのウクライナ人がいます。

私たちが何者で、どこから来て、どんな血が流れて生きているのか。

そして、そこに絡む利権争い。

 

今春のリサイタルで取り上げる、今年生誕80年のシュニトケは

お父さんがユダヤ人、お母さんがドイツ人ですが

人生の殆どをロシアで過ごし、ロシア語を話しました。

その複雑なバックボーンは彼を悩ませ、作品に、人生に大きな影響を与えたと思います。

 

故郷<ふるさと>・・・私の好きな言葉のひとつです。

日本にいる時には当たり前すぎて気が付きませんでしたが

イタリア、フランスと10年以上欧州に暮らしてみて

母国の美しさ、素晴らしさを知りました。

逆に海外を知ることで、母国の良くない面も見えてきました。

 

亡命した人たちは母国には帰れません。

そんな中での作品や演奏に込める思い・・・一体どれだけの重さが積もっているのだろう。

そう考えると一音もおろそかに出来ませんね。

気を引き締めて作品に向かいたいと思います。

単純ではないことは重々承知ですが、、世界中が平和で幸せな時間が沢山続くことを心から祈っています。

 

なんだか重いお話が長くなってしまいましたが・・・ガラっと変えて近況報告をば。

大学での連日の試験の採点も終わり、嬉し苦しい「弾き」こもりの日々となっております。

3月2日は京浜楽器店にて、かながわ音楽コンクール出場者へのアドバイスレッスンをさせて頂きました♪

皆様とても熱心に、素直に耳を傾けて下さいました。

予選まであと少し、ご自分の納得できる演奏が出来ますように心から祈っております。

そうそう、レッスン中に時代の流れを感じたことがありました。。。

皆さんレッスンをビデオで撮影されるんですね!

私の時代はMDに録音だったなあと、妙なところで時代を感じてしまいました(^^;;

 

さて、春の本番も徐々に日にちが迫ってまいりました。

まずは3月15日(土)16時30分、前橋テルサにあります

笠原智廣氏のサロンにてリサイタルを開催させて頂く予定です。

IMG_2107

その後、パリの恩師ルイサダ先生にお声がけ頂き

1年ぶりのパリ、そしてブールジェへまいります。

帰国後3月30日(日)13時30分、大田文化の森ホールにて

スター楽器店主催スターピアノコンクール入賞者コンサート

ゲスト演奏をさせて頂きます。

そして4月4日(金)19時、カワイ表参道にて

リサイタルシリーズ<ココロノヒビキ>最終回を開催させて頂きます。

IMG_0004

こちらのチケットは私の手元にございますので

お聴き頂けるようでしたら是非ご連絡下さいませ♪

 

様々な場所での一期一会を楽しみに

魂込めて演奏したいと思います。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

Written by yuko 2014.03.04 09:35 | No Comments

Tchaikovsky Piano Concerto No.1 with Takadanobaba Orchestra

2014年1回目のBlog更新です・・・とっくに新年明けておりますが(^^;

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

1月26日の新宿区文化センター大ホールでの

高田馬場管絃楽団第83回定期演奏会にいらして下さった皆様

本当にありがとうございました!!

ほぼ満席の会場の皆様の温かい雰囲気に包まれて

オーケストラの皆様、そして森山崇先生のタクトに支えられ

私自身とても楽しく演奏させて頂きましたことに、心から感謝申し上げます。

アンコールは実は他の曲を考えていたのですが

余りに楽しい気持ちで気分が変わり

ハチャトゥリアンのトッカータに急遽変更、演奏させて頂きました。

高田馬場管絃楽団の創立40周年をこの様な形で一緒に祝うことが出来て

とても嬉しかったです。

これからもひとつひとつの本番を大事に心を込めて演奏してまいりますので

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

写真はゲネプロの模様、終演後、そして打ち上げで指揮の森山先生と2ショット♪

P1000541 P1000549 P1000553 P1000558 写真 (3)

 

27日は田園調布学園大学で実技試験審査、私にとっては最後の勤務日でした。

保育士を目指す学生の姿勢や資格を取得するためのカリキュラムを知ることが出来て

良い社会勉強になりました。

また、試験では学生達の成長する姿をみることが出来てとても嬉しかったです。

28日からは昭和音楽大学の実技試験週間が始まり、

毎日朝から晩まで学生達の熱演を聴かせて頂いています。

私も、もうひと頑張り!です。

 

3月、4月の公演のお知らせをさせて頂きます。

ご都合よろしい日がありましたらお聴き頂けたら嬉しいです♪

なお、4/4カワイ表参道公演は私の手元にもチケットがございますので

お聴き頂けるようでしたら私の方にご連絡頂けたら嬉しいです。

 

◆2014. 3. 2 (Sun) 京浜楽器にてアドバイスレッスン

http://www.keihingakki.co.jp/towns/pages/10013.html?cont_10001=25

 

◆2014. 3. 15 (Sat) 17:00 笠原智廣ピアノアートアカデミーサロン(群馬県前橋市)にてリサイタル
◆2014. 3. 16 (Sun) 同サロンにて公開レッスン

 
◆2014. 3. 30 (Sun) 13:30  大田文化の森ホールにてリサイタル

(第1部はスターピアノコンクール入賞者による演奏、私は第2部に出演します)

スター楽器様(A4チラシ表)2スター楽器様(A4チラシ裏)2

 
◆2014. 4. 4 (Fri) 19:00 カワイ表参道にてリサイタルシリーズ《ココロノヒビキ》最終回
http://kawai-kmf.com/concert-info/2014/04.04/

IMG_0004

 
◆2014. 4. 20 (Sun) 15:00 ヤマハミュージックアベニューつくばにてリサイタル
http://www.yamahamusic.jp/shop/ps-tsukuba/event/detail/4314

IMG

 

インフルエンザなど流行っているようですね。

皆様、どうぞお体を大切になさって下さいませ。

Written by yuko 2014.01.31 07:33 | No Comments

Lunch time concert at Minami-azabu Centre Hall

昨日12日は南麻布セントレホールにてランチタイムコンサートでした。

ご来聴くださった皆様、本当にありがとうございました!!

セントレホールの二郷様・福田様、プロデューサーの鈴木達也様、調律の鈴木様、

お世話になりました!

サロンという空間はアットホームでもあり、至近距離ゆえの怖さもあり

自分の未熟さを痛感しながらも、楽しく演奏させて頂きました。

(先日紀尾井ホールにて恩師ルイサダ先生のリサイタルに伺った際

お会いしたピアニスト、ローナン・マギルさんと

毎日放送の高沖秀明さんが最前列に座っておられびっくりしました。)

 

演奏させて頂いた曲目はこちらです。

バッハ=ケンプ:シチリアーノ  主よ、人の望みの喜びよ

ショパン:ノクターン Op.27-2  スケルツォ 第2番 Op.31

ハチャトゥリアン:トッカータ

モーツァルト:トルコマーチ (アンコールとして)

 

終演後にマギルさん、プロデューサーの鈴木さんと。

P1000523

 

 

色々な語らい・・・

 

P1000516

P1000520

P1000521

P1000522

 

2013年の演奏(公開)がめでたく(?)終了しました。

今年新しく勉強した作品を列挙してみます。

バッハ=ケンプ:シチリアーノ、主よ人の望みの喜びよ
チャイコフスキー:ドゥムカ
ショパン: 即興曲1,3番
モーツァルト:トルコマーチ
ヒナステラ: 3つのアルゼンチン舞曲
ボルトキエヴィチ: カプリッチョ、エテュード、ガヴォット-カプリス、ヴァイオリンとピアノのための4つの小品
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番D406
ショパン=ミルシテイン:ノクターン 嬰ハ短調 遺作
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番K271 ジュノム
メゾソプラノの伴奏20曲

 

素晴らしいピアノ作品は際限なくありますが

自分の心の声に従ってブレることなく

これからも精進してまいります。

 

現時点での来年の予定もお知らせさせて頂きます。

2014年

◆1月26日(日)14時 新宿文化センター大ホール

森山崇指揮・高田馬場管絃楽団第83回定期演奏会

チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を共演

IMG_0003

 

 

◆3月2日(日) 京浜楽器 コンクール受験者へのレッスン

 

◆3月15日・16日 笠原智廣ピアノアートアカデミーサロン(群馬県前橋市)

ピアノリサイタル&公開レッスン

 

◆3月30日(日)13時30分開演 大田文化の森ホール

ピアノリサイタル

 

◆4月4日(金)19時開演 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ

ピアノリサイタル<ココロノヒビキ Vol.5 最終回>

IMG_0004

 

◆4月20日15時開演 ヤマハミュージックアベニューつくばミュージックサロン

ピアノリサイタル

IMG

 

 

◆7月25日(金)12時05分~13時 テレコムセンター

アトリウムランチタイムコンサート

カルテット・リリウムと共演

 

◆11月15日(土)時間未定 銀座十字屋ホール

ピアノリサイタル

 

今年は演奏活動に加えて2つの大学での勤務も始まり

コンクール審査や講評のお仕事もさせて頂き

遅まきながら社会勉強させて頂きました。

来年も素晴らしい作品と向き合いながら

皆様とお会い出来ますことを楽しみにしております。

風邪が流行っております。皆様どうぞお体を大切になさって下さいませ。

 

Written by yuko 2013.12.13 08:31 | No Comments

Mozart Piano Concerto No.9 Jeunehomme with Sugigen String Orchestra

P1000506

(上記写真はリハーサル中の1枚です)

本日12月7日、清水醍輝氏指揮・杉並弦楽合奏団の皆様と

セシオン杉並にてモーツァルトの初期の傑作

ピアノ協奏曲第9番K.271「ジュノム」公演が無事終演しました。

ほぼ満席のお客様の温かい雰囲気に包まれ

杉弦の皆様に支えられ、清水さんの素晴らしいタクトに引っ張って頂き

元東京交響楽団首席オーボエ奏者の杉浦直基さん、オーボエ鈴木宏子さん、

ホルンの山口敬太郎さん、皆川理恵さんという素晴らしい管楽器陣ともやりとりをさせて頂き

私自身とても楽しく演奏させて頂きました。

アンコールにはバッハ=ケンプの主よ、人の望みの喜びよ

を、演奏させて頂きました。

いらして下さった皆様、本当にありがとうございました!!

杉弦の皆様、お世話になりました!!

 

終演直後にホルンの山口さんと。

P1000513

 

指揮の清水さんと。(撤収直前)

 

IMG_1827

 

トレーナーでもあるヴァイオリンの松村一郎さん、コンミス深川さんと。(打ち上げにて)

 

写真 (2)

 

打ち上げ2次会にて杉弦の皆様と。

 

IMG_1832[1]

 

ジュノム、本当に素敵な作品で

また機会があれば是非演奏出来れば嬉しいです。

 

明日8日はNPO法人かしまコンツェルト協会エートス主催

エートスピアノコンフェスト2013講評の仕事で

鹿嶋勤労文化会館へまいります。

10月にオーディション審査で合格された皆さんがどんな素敵な演奏をされるのか

とても楽しみにしています♪

 

それから12日には南麻布セントレホールにて

ランチタイムコンサートに出演させて頂きます。

年内の公開演奏はこちらが最後になります。

(非公開はちょこちょこありますが・・・)

平日のお昼ですが、よろしければ是非お聴き頂けたら嬉しいです。

なお、当日はストリーム配信もされる予定ですので

こちらもチェックして頂けたら嬉しいです。

http://www.ustream.tv/channel/centrehalllive

IMG_0002s

 

寒くなってまいりました。皆様どうぞお元気で!

Written by yuko 2013.12.08 10:16 | No Comments

Concert @ Ginza Yamaha Hall on 8th of November 2013

<ピアニストの競演Vol.3>、無事終演しました!

いらして下さった皆様、本当にありがとうございました!!

ソロでは15分の持ち時間に自分のピークを持って行く難しさを改めて痛感しましたが

ハチャトゥリアンでは吹っ切れて演奏することが出来たかなと思います。

1台6手、2台ピアノはどの作品も本番が一番やりたいことが出来たかなと思います。

共演の居福健太郎さん、崎谷明弘さん、本当にありがとうございました☆

弾いている写真はリハ中のものですが、ご紹介させて頂きます。

P1000448 P1000456 P1000460

 

今回の主演者の共通点は浜松国際ピアノアカデミー出身ということなのですが

音楽監督を務められる中村紘子先生が現在海外におられるということで

わざわざ素敵なお花を出演者3人宛てに届けて下さいました。。。感激。

P1000499

また、わざわざ浜松振興財団の方々や、当時JESCでお世話になった方々が

浜松よりいらして下さり、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

調律はこれまた浜松国際ピアノアカデミーからお世話になりっ放しの鈴木俊郎さんにやって頂き

浜松にゆかりのある方々に囲まれて本当に幸せなひとときでした。

浜松アカデミーがなかったら今の私はありません。

当時高2だった私にはすべてが衝撃的でハードで密度の濃い講習会でしたが

今もこうして色々なご縁を頂けて、嬉しい限りです。

 

出演者と調律の鈴木さんと共にパチリ。

P1000494

浜松国際ピアノアカデミーゆかりの方々、この公演開催にあたって大変お世話になったヤマハの方々と。

P1000491

 

最後に出演者のみで。

P1000501

 

次は12月5日(非公開)のソロの本番、7日の杉並弦楽合奏団とのモーツァルトのピアノ協奏曲「ジュノム」、

12日の南麻布セントレホールでのソロの本番に向けて頑張ります♪

 

Written by yuko 2013.11.09 01:53 | No Comments

jury, party, concert, rehearsal…Life with the piano

W台風の進路が気になるこの頃ですが、皆様お変わりございませんか?

先週も台風の影響で大学が3限まで休講になりました。

災害に備えることの大切さを改めて実感しています。

 

10月も後半になりました。

相変わらずのピアノ人生を送っております。

10月6日は昨年に引き続き、鹿嶋市にて

エートスピアノコンフェスト2013の審査をさせて頂きました。

今年もお子さんから大人の方まで、幅広い年齢層の方々の素敵な演奏を

カーテン審査にて拝聴、コメントを書かせて頂きました。

終了後には審査の石附惠先生、井上淳司先生、

そして主催のNPO法人かしまコンツェルト協会エートスの皆様と写真をパチリ☆

お世話になりました皆様、本当にありがとうございました!!

IMG_1717[1]

 

 

10月7日は桐朋の同門で尊敬する先輩ピアニスト岡田将さんほか、

友人が多数出演していた園田高弘メモリアルコンサートへ。

この日はバッハの平均律全曲というプログラムでしたが

1曲毎に出演者が入れ替わるのでちょっとしたコンクールのような雰囲気で

聴く側としてはとても楽しいのですが、弾く側はとても大変だったと思います。

皆様白熱した演奏で、刺激を受けた一夜でした。

 

10月12日は中村紘子先生のお宅で、

イタリア人ピアニストで今はNYを拠点に世界的な活躍をされているアレッシオ・バックスさんを囲むパーティ。

バックスさんとは初めてお会いしましたが、奥様のルシルはイモラで一緒だったので知っています。

今回はルシルは日本には来れなかったのですが、勝手に親近感を抱いてお話させて頂いたところ

とても感じの良い謙虚な方で、ラフマニノフの演奏も素晴らしかったです。

音楽関係者も多数いらしていて、とても緊張したもので紘子先生との写真を1枚も撮れなかったという・・・苦笑。

大変華やかな会に参加させて頂き、紘子先生のお心遣いに心から感謝。

写真は音楽評論家の真嶋雄大先生、ピアニスト金子恵先生と。

IMG_1723[1]

 

 

10月14日は田園調布学園大でのレッスン後に、桐朋小学校の恩師で

美術の笠松八束先生が作品を出展されている「旅の絵画展」を拝見するため

京橋のギャラリーくぼたへ。

先生のフランスでの素敵な水彩画を楽しんでいると小学校5,6年の時の担任の恩師

村田彰造先生がいらっしゃり、偶然の再会を喜びました。

casino jameshallison wp-image-3085″ alt=”IMG_1729[2]” src=”http://yuko-ueno.com/wp-content/uploads/IMG_17292-e1382455357384-300×225.jpg” width=”300″ height=”225″ />

 

 

10月20日は武蔵浦和にある島村楽器のピアノセレクションセンターにて

アフタヌーンサロンコンサートに出演させて頂きました。

一日中、風雨の激しい一日でしたが

沢山の方にお聴き頂き、とても嬉しかったです。

バッハ=ケンプ:主よ、人の望みの喜びよ

ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番「月光」

ドビュッシー:月の光

チャイコフスキー:ドゥムカ

ハチャトゥリアン:トッカータ

アンコールとして、ボルトキエヴィチの前奏曲Op.33-7を演奏させて頂きました。

足元の悪いなかいらして下さった皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、島村会長、

本当にありがとうございました!!

また、早速に島村楽器のウェブにレポートが掲載されています。

よろしければご笑覧いただけたら嬉しいです♪

http://www.shimamura.co.jp/piano-selection/index.php?itemid=114525

IMG_1738[1]IMG_1742[1]

 

 

今日は11/8公演に向けて拙宅に居福健太郎さん、崎谷明弘さんがいらして下さり

2台ピアノと1台6手の合わせをしました。

1台6手では最初は皆一つの鍵盤の前に座れるのだろうか・・・と心配でしたが

思ったよりもスムーズに収まりました。

2台ピアノの方も、それぞれがアイディアを出し合い、それが形になっていく過程がとても面白く

本番がますます楽しみになってきました。

まだチケットございますので、是非お聴き頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

IMGs

 

 

明日は昭和音大のレッスン日です。

先週の台風で休講になった分の振り替えもするので

いつもより早めの出勤です。頑張って早起きして朝練します!

 

 

 

 

Written by yuko 2013.10.23 09:29 | No Comments